メルパラ

1969年2月3日、エドゥアルド・モンドラーネが何者かに暗殺された。この爆殺は、ポルトガルの秘密警察による、メルパラモザンビーク安定化の試みの一環としてモンドラーネをダルエスサラームのFRELIMO事務所に送付された小包爆弾によるものと複数の情報源によって示唆されている。小包の中には爆薬を仕掛けた本が封入されており、この本を開くと同時に爆発したと考えられている。また別の情報源によれば爆弾はFRELIMO司令部におかれたモンドラーネの椅子の下で爆発しており、どの派閥・所属の者によって行われたかは定かでないともされている[38]。 暗殺後、FRELIMOの独自の調査によりこの時点で既に処刑されていたシルベリオ・ヌンゴ(Silverio Nungo)とFRELIMOのカボ・デルガードにおけるリーダーだったラザロ・カバンダーメ(Lázaro Kavandame)に罪状が申し渡された。ラザロ・カバンダーメについては保守的すぎるという理由による不信感を生前のモンドラーネは隠しておらず、またタンザニア警察もまたポルトガルの秘密警察であるPIDE(国防国際警察)と共謀してモンドラーネを暗殺したという理由でカバンダーメを起訴していた。カバンダーメ自身は2ヶ月後の1969年4月にポルトガルに投降している[2]。暗殺の詳細に関しては現在もなお議論が続いているが、その中で多くの歴史家や伝記作者がポルトガル政府、中でもアギンター・プレスやPIDEの関与について言及し、また暗殺がポルトガルにおけるグラディオ機構(イタリア語: Organizzazione Gladio)のような並列部隊(英語: Stay-behind)であるアギンター・プレスによって支援されていることが示唆されている[39]。しかしながら当初は責任の所在が不明確だったことから、モンドラーネの死はFRELIMO自身の序列に関する疑惑の発生や後継者人事に関する権力闘争を引き起こした[16][40]。この権力闘争の結果、暗殺前モンドラーネの事実上の後継者と考えられていた中道主義者であり、1969年までモンドラーネの下でFRELIMO副代表を務めたウリア・シマンゴ師(Rev. Uria Simango)が、強硬派のサモラ・マシェルとマルセリーノ・ドス・サントスによってFRELIMOから追放・逮捕監禁され、結果的にFRELIMOが大きく左傾化する原因になった[16][40]。シマンゴ師は独立後の1975年に監禁されたまま裁判なしで処刑されている。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

タダコイ
ただこい
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ(ただ恋)
タダコイ
タダコイ
タダコイ
- mono space -