天気図

山地など起伏のある地形の場所では、斜面を空気が上昇すると空気かかき混ぜられて逆転層ができ、雨氷が発生することがある。標高が高いほど雨氷が発生しやすいが、メルパラある程度の高さを超えると逆に発生しにくくなる。これは逆転層のできやすい高さがあることが原因である。

逆転層の発生は、谷型の地形の場所、あるいは暖気と寒気が衝突しやすい場所に多いため、そのような場所で、かつ気温が0度付近以下に低下するような地域で多く発生する。

谷型の地形では、セントローレンス峡谷が典型的な発生地域で、世界でも最も頻繁に雨氷が発生する[7]。この地域は山脈に囲まれた峡谷となっており、寒気と暖気が衝突しやすく、逆転層発生の条件が整いやすい。

寒気と暖気が衝突する場所では、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、中国、日本などの広範囲で発生例が報告されている。アメリカでは、ロッキー山脈より東側(南部の海沿いの一部を除く)の地域で雨氷が発生し、西側の地域では発生しない。これは、北極気団がロッキー山脈に阻まれて、それより南西側には南下できないためである[15]。

また、山の斜面沿いでは、一時的に狭い範囲で逆転層が発生することがあり、山の斜面のある高さの付近だけ、帯状に雨氷に覆われるといったことも起こる。

一般的にこれらのような地形では樹氷や粗氷も発生しやすいが、例年のように樹氷の多い場所で同様に雨氷が見られるかと言えばそうではない。雨氷は条件が非常に限定的なため、限られた狭い地域で偶発的に発生する。

付着形態 [編集]





枝の左側に多く雨氷が付いていることから、左方向からの風によって付着したと推測される。
雨氷の大きな特徴として、物体に付着して次々と積もり、厚く硬い氷として成長していくことが挙げられる。液体として大気中を落下してきた過冷却の雨が、屋根のように物体の空に向いた面に触れると、物体に触れた面から凍結が始まり、まだ液体のままの部分は凍結した部分の周囲に広がりながら凍結していく。壁のように地面に対して横を向いた面に触れると、下に向かって滴りながら凍結する。電線のように筒状で地面と平行な物体に触れると、滴りながら凍結してつららのような氷をつくる。地面に積もる量としては、極度に激しい雨氷の場合、最大でおよそ4〜6インチ(10〜15センチメートル)程度の厚さになる[16]。

一定以上の風がある場合、着氷性の雨は雨と同じように横殴りに吹き付ける。すると、物体の風上側の面に大量の氷が付着し、反対側はあまり多くない、と言ったことが起きる。また、水滴の大きさ次第では、付着から凍結までの時間が長くかかることがあり、物体表面を伝って垂れ下がりながら凍結した氷柱(つらら)のような雨氷を見ることもできる。風があれば、風向きに応じて斜めに垂れ下がる氷柱を見ることができる。

雨氷の予測 [編集]

雨氷は、集中豪雨などと同じように、現象が起こる範囲が狭い、いわゆる局地現象である。気温わずか10℃程度の変化で雨から着氷性の雨、凍雨、雪へと変わるほど発生の条件が限られており、雨氷が発生するような気象状態は幅50km程度までの範囲にしか発生しないと言われている。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -