タダコイ


1960年代から70年代初期ににかけて、FRELIMOによる反乱勢力の増大に対抗し、ポルトガル人と世界にポルトガル領アフリカが自国によって健全に運営されていることを喧伝するため、ポルトガル政府はポルトガル領モザンビークにおける大規模なインフラ整備及び拡張の計画を推進した。この計画は道路、鉄道、橋梁、ダム、灌漑施設、学校、病院等の建設計画が含まれ、計画の実行について高い経済成長を示す試算が行われており、ポルトガル大衆に支持されていた[6][34]。

これらの開発計画(再開発計画)の一部として、カホラ・バッサダムの建設が1969年に開始された。ポルトガル政府はこのダム建設をフランスの宗教史家エルネスト・ルナンやイギリスの作家ラドヤード・キップリングらによって侵略の正当化としてたびたび唱えられた「文明の使命」(英語: civilizing mission)[35] として捉えており[36]、 このダム建設を通じて、ポルトガル植民地政府の力量と治安を世界に再び示そうと考えていた。 このため、ポルトガル政府は3,000名からなる新しい部隊と100万を超える数の地雷とをこのダム建設を防衛すために投入した[2]。紛争地域内の大規模な土木工事を扱うこの計画はポルトガルの海外植民地の治安の問題と結びつけて考えられるようになった。

ポルトガルによる支配を象徴するこのダムに対して、FRELIMOは7年の間建設中止を目標に攻撃を繰り返したが直接的な打撃作戦は一度も成功しなかった。そこでFRELIMOはカボラ・バッサの建設現場に向けて移動する輸送手段に攻撃目標を変更した[2]。 FRELIMOは国連に対してこの計画についてポルトガルのモザンビークにおける行動について非難する報告を提出して抗議した。その成果もあって外国からのダム建設に対する資金援助の多くが取り消されたが、ダムは最終的には1974年12月に完成した。 ポルトガル政府の意図したダム建設によるプロパガンダ的な効果は、大規模な建設計画のために不本意な立ち退きを迫られたモザンビーク人たちによる否定的な反応により十分なものにはならなかった。 また、ダム建設によって数年に一度下流域に起きていた洪水を防止したため、洪水によって肥沃になっていた下流の土地が痩せる悪影響があった[37]。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ
- mono space -