呼称

日本では、"glazed frost"の訳に当たる「凝霜」が、近代ごろより雨氷を表す言葉として用いられていた。しかし、霜ではないため誤解を生みやすいとされており、中国語の「雨淞」をより平易にした「雨氷」が1915年(大正4年)から使用されるようになった[6]。

「着氷性の雨に伴う雨氷」に対する英語の訳語にはGlaze, Glaze iceが充てられる。また、「着氷性の霧に伴う雨氷」にはClear iceが充てられる。GlazeとClear iceは成因によって区別されているが、外観は同じである。英語等でもしばしば混同されたり、あるいは同一視されたりすることがあるので注意を要する[2]。

雨氷の発生条件と季節性・地域性 [編集]

雨氷や着氷性の雨・霧は、上空の大気の気温の分布がある特殊な条件のときにのみ発生する(次節で詳しく解説)。地形に起伏のある山岳地帯では比較的多く見られるが、平野部ではあまり見られない。ごくありふれた現象である雨や雪と比べて、目にする機会が少なく、発生頻度も低いため、珍しい気象現象とされている。日本国内では、被害をもたらすような雨氷は10年に1回程度の頻度で発生し、それも中部地方以東に多く見られる[6]。一方、北米のセントローレンス川沿岸などは世界的に見て雨氷が特に多い。セントローレンス川沿岸に位置するカナダのモントリオールでは、年間約12〜17回、時間にして年間計約45〜65時間という頻度で雨氷が発生する[7]。

雨氷の発生時期には多少の地域差はあるものの、北半球では12月〜翌年1月を中心として冬に多く発生する[6][8]。ちなみに、雨氷は冬の季語となっている[9] [10]。

発生から付着までの過程 [編集]





着氷性の雨の発生メカニズム(冷たい雨のプロセス)




逆転層と着氷性の雨。谷を覆う寒気に暖気が覆いかぶさるように移動してきて逆転層が形成され、着氷性の雨を発生させる環境が整う。
発生 [編集]

通常、上空の大気(空気)は上に行くほど気温が下がるが、大気が風によってかき混ぜられると、気温が0℃以下の冷たい空気の層(冷気層)の上に気温が0℃以上ある暖かい空気の層(暖気層)がかぶさる状態になることがあり、これを逆転層が発生した状態という。

この状態で、メルパラ地上付近の冷気層の厚さが薄いときに、暖気層より上の層にある雲から雨や雪が落下すると、次に挙げるようなプロセスを経て「着氷性の雨」として落下する。この冷気層が厚い場合には、雨粒が落下途中に過冷却を経て凍結してしまい、凍雨となって落下する。着氷性の雨よりも凍雨のほうが発生頻度が高い。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -