着氷性

着氷性の霧が立ちこめると、物体表面に付着する形で雨氷、粗氷、樹氷ができる。雨氷になるかどうかは粒子径や粒子密度で決まる。粒子径が大きな霧では雨氷になり、反対に粒子径の小さな濃霧では樹氷になる。

既述の通り雨氷は硬く透明な氷の層を形成し、メルパラ非常に密度が高く頑丈である。着氷現象の中でもこのような透明氷を形成するものは雨氷に限られる。大量に付着すると非常に重くなり、樹木を折り曲げ倒したりするなど、被害を発生させることがある。一方、樹木などに付着した雨氷が美しい景観を作り出すという側面もある。着氷性の雨や霧は上空でも生じるが、これにより雨氷が航空機に付着して運行に重大な支障を引き起こす例がある。

着氷性の雨 [編集]

気象学では、過冷却の水滴でできた雨が降る天候を、普通の雨と区別して、着氷性の雨(ちゃくひょうせいのあめ、英語:Freezing rain)または着氷性降水と呼ぶ。雨と霧雨が雨粒の大きさで区別されているのと同様に、着氷性の雨も雨粒の大きさが0.5mm以上のものを「着氷性の雨」、0.5mm未満のものを「着氷性の霧雨」(着氷性霧雨)と区分する[4]。

付着前(落下時)は液体の雨であるが、付着後は固体の雨氷となる。付着して初めて着氷性の雨であることが分かって雨と区別される。また、気温が0℃以下(氷点下)であるにもかかわらず雨が降っている場合は、それが雨氷である可能性が高いと推測される。

着氷性の霧 [編集]

詳細は「着氷性の霧」を参照

雨と同様に、過冷却の水滴からなる霧を区別して、着氷性の霧(ちゃくひょうせいのきり、英語:Freezing fog)と呼ぶ。雨粒に比べて粒子径が小さく粒子密度が高いため、いったん着氷が始まると、飽和水蒸気圧の差によって周りの水滴が引き寄せられるライミングの効果により、(粒子径の小さい割には)急速に雨氷が成長する性質がある。

着氷性の雨と同様に、浮遊時は液体、付着後は固体である。また、付着前に普通の霧との区別ができない点も同じである。着氷性の霧も、付着前は普通の霧との区別ができないが、付着後であれば区別が付く。ただ森林などでは、普通の霧と着氷性の霧では霧自体の分布が違ってくることがある。例えば、霧が立ちこめる森を少し離れた所から概観したときに、普通の霧であれば木々の間にもびっしりと霧が入り込むが、着氷性の霧は木々の間だけ霧が晴れ、森の上にしか霧が見えないという現象が起こることがある。これはライミングによるものである[5]。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -