メルパラ

開戦後、ポルトガル軍は1964年11月のシラマ(Xilama)北方の戦闘で初めて損耗しはじめた。 モザンビーク大衆からの支援の増加と、メルパラ平時配置されたポルトガル軍の規模の小ささにより、FRELIMOは南方のメポンダ(Meponda)やマンディンバ(Mandimba)にも進出することができた。これらの地域はテテを通じて隣国の1964年7月6日にイギリス連邦の一員として独立したばかりのマラウィ共和国から支援を受けることができた。しかしながらFRELIMOの作戦規模が拡大しているにも関わらず、補給線がルブマ川とマラウィ湖でカヌーを利用していたことから、攻撃は前哨部隊を対象にした小規模なものに限定されていた[2]。FRELIMOは1965年に入って民衆からの支援の増加もありこの時点で新兵の採用数が増加に転じた。この増加で、襲撃部隊の規模を引き上げることが可能になった。FRELIMOに対する民衆の支援は主に追放されたり紛争を避けるためにタンザニアに避難したモザンビーク人によるものであった。[2]こうした紛争の形態はフランス軍やアメリカ軍に対するしてベトナムで行われた紛争(インドシナ戦争・ベトナム戦争)における内陸部での抵抗にも見られたものである。反乱勢力は攻撃に際し地雷を併用してポルトガル軍の被害を大きく拡げ、部隊の施設を機能不全に陥らせ[28]、兵員の士気を低下させた[2]。

1966年10月10日または10月11日[29]、前線からタンザニア領内に向けて帰還中のFRELIMOの軍事部門のリーダー、フィリペ・サムエル・マガイアが狙撃され、死亡した。この狙撃はポルトガルによって雇われたFRELIMOのゲリラ兵によって行われたといわれている。

1967年の時点でFRELIMOは人口の7分の1と国土の5分の1を掌握していた[30]。またこの時点でのFRELIMOの兵力は戦闘状態にある者だけで約8,000名を数えていた[2]。またFRELIMOの襲撃部隊は場合によっては100人以上の兵士によって構成されるものになり、その階級体系の中に女性兵士も組み入れることになった[31]。

この時期、モンドラーネは戦線の拡大を促進していたが、同時に小規模な攻撃グループを維持しようともしていた。ポルトガルからの解放区が拡大し、増大した人口に対して十分な補給を行う場合、それにつれて兵站にかかるコストも増大することが見込まれた。そのためモンドラーネはこの時点でソビエト連邦と中華人民共和国を初め各国に支援を求めた[2]。その結果、大口径の機関銃や対空砲、75mm無反動砲、および122mmロケット砲等を受け取った。[32]

1968年、FRELIMOの第2回大会が行われたが、この際制空権を持っていたポルトガル軍の大会会場への爆撃が一日遅れたため、大会は無事執り行われ独立勢力にとって宣伝的な勝利をもたらした[2]。 この結果は後の国連におけるFRELIMOの発言に大きな重みを与えることになった[33]。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

がーるずこむ
がーるずこむ
がーるずこむ
が〜るずこむ
がーるずこむ出会
がーるずこむ
が〜るずこむ
出会がーるずこむ
がーるずこむ
がーるずこむ
がーるずこむ
ガールズコム
- mono space -