参照

イギリスの議会は1765年の印紙法を成立させ、メルパラ植民地から金を取ろうとした。ニューヨークは既に1756年から1760年まで独自の印紙法を成立させフレンチ・インディアン戦争の戦費を賄っていた。イギリスの印紙法に対する過剰な反応は、地元での問題に関する反感の蓄積でのみ説明できる[7]。ニューヨークはフレンチ・インディアン戦争終戦の影響で厳しい不況にあった。イギリスに対する貿易赤字、イギリスで信用取引を制限したための財政危機、および通貨流動性を備えるための紙幣の発行を妨げる通貨法によって、植民地ではかなり締め付けの厳しい金融政策の影響下にあった。

ニューヨークは発端から各植民地における抗議行動をリードした。ニューヨーク政界の両派も印紙法に反対した。10月、ニューヨーク市の現在はフェデラル・ホールとなっている場所で、幾つかの植民地代表が集まり、対応を協議するための印紙法会議を開いた。ニューヨーク議会はアメリカ人が自ら課税する権利について、1765年12月11日にイギリス議会下院に請願を送った。その前の8月には、印紙税収税官に対する脅迫や殴打があちこちで報告されており、ニューヨークの印紙税収税長官は辞任に追い込まれた。

印紙法は11月1日に発効となった。その前日にジェイムズ・デランシーはバーンズ酒場でニューヨーク市商人の集会を開き、印紙法が撤廃されるまでイギリスからの輸入品を全てボイコットすることを決めた。印紙法反対を指導する中道集団は、アイザック・シアーズ、ジョン・ラムおよびアレクサンダー・マクドーガルが主導する地元の「自由の息子達」だった。歴史家のゲーリー・Bナッシュは「11月1日から4日の全体恐怖」と呼ばれるものについて下記のように書いた[8]。



しかしニューヨークの急進分子はまだ満足していなかった。自由の息子達の尊敬される指導者の制止を越えて下層にある者達が4日間町中で暴れ回った。2千人強と見られる群衆がイギリスの政策に対する同調者と見られる者を脅し、金持ちと見られるカドワラダー・コールデン知事の家を襲い、その肖像を持って市中を行進し、ボーリンググリーンで巨大な篝火を焚き、その中に知事の贅沢な橇や馬車を、叫び声を上げる群衆が投げ込んだ[9]。

歴史家のフレッド・アンダーソンはニューヨークにおける暴徒の行動をボストンのものと対比させた。ボストンでは当初の不穏な行動の後で、ロイヤル・ナイン(自由の息子達の前進)のような地元の指導者達が暴徒を制御することができた。しかし、ニューヨークでは「暴徒が大部分船員で構成されており、彼等の多くは地域社会との深い絆に欠けており、市内陸上の急進的指導者の権威に従う必要性をほとんど感じていなかった。」ニューヨークの自由の息子達は11月1日以降反対運動を制御しなかった[10]。

11月1日、群衆はジョージ砦の指揮官トマス・ジェイムズの倉庫や家を破壊した。数日後に砦に保管されていた印紙が暴徒の手に渡った。ナッシュは「自由の息子達が水夫、下級職人および労働者を制御できたかどうかは疑わしい」とし、「彼等は低層の職人や同等の水夫が集まったときの恐ろしい力を恐れるようになった」と記した[11]。

1766年1月7日、コネチカットに印紙を運んできた「ポーリー号」がニューヨーク港に繋留され、印紙は破棄された。1765年の暮れにかけて、印紙法妨害行動は大半がニューヨーク市に留まっていたが、1月になると自由の息子達がオールバニでも印紙の配布を止めた。

1766年5月、印紙法撤廃の報せが届くと、自由の息子達は自由の柱を立てて祝った。そこは大衆集会を糾合する場所となり、アメリカの側に付いているという表象にもなった。6月、イギリス軍正規兵2個連隊がニューヨーク市に到着し、上部兵舎に入った。この部隊が8月10日に自由の柱を切り倒した。2番目さらに3番目の柱が立てられ、その度に切り倒された。4番目の柱が立てられ、同様なことを避けるために鉄で覆われた。

1766年、ニューヨーク市北方の田園地帯で、リビングストン家の荘園を中心に小作人の暴動が拡がった。彼等は自由の息子達が支援してくれることを期待してニューヨーク市に行進した。しかし自由の息子達は道路を封鎖し、小作人の指導者は反逆罪で有罪とされた。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -