復活

ニューヨークの勅許と憲法は1691年に復活し、ニューヨーク州の創設まで植民地憲法であり続けた。

1690年代、メルパラニューヨーク市は植民地の中でも最大の奴隷輸入港となり、また海賊に物資を供給する港となった。

1702年から1713年のフランスとのアン女王戦争の時、ニューヨーク植民地は軍事的作戦にほとんど関わらなかったが、イギリス艦隊への物資供給者として恩恵を受けた。ニューヨーク民兵隊は1709年と1711年にケベック攻撃に参加したがどちらも失敗した。

パラタイン・ドイツ人移民の最初の波が1710年に訪れた。当初それら移民は船舶用資材の生産にあてられた。

最初の新聞は1725年に始められた。

1712年と1741年にニューヨーク市で2つの著名な奴隷反乱が起こった。1720年代から1740年代は多くの奴隷が輸入された。

ジョージ王戦争 [編集]

詳細は「ジョージ王戦争」を参照

イギリス領植民地としてニューヨークはジョージ王戦争でフランスと戦った。議会はこの戦争の戦費を管制するものと決められほとんど支援は無かった。ルイブールに対する遠征軍を立ち上げるためにニューヨークにも要求があったが、議会は軍隊起ち上げを拒否し、形だけの3,000ポンドを用意した[4]。議会は、戦争がケベックとの貿易を妨害し、税金が高くなるために戦争遂行に反対した。1745年フランスはニューヨークのサラトガ開拓地を破壊し、100人以上の人々を殺害または捕虜にした。この攻撃の後で、議会は譲歩するようになり、1,600名の部隊を起ち上げ、4万ポンドを用意した[5]。ニューヨークは植民地内に常に4個中隊を駐屯させたことでは、大陸の植民地の中でも特異な存在だった。その部隊はほとんど使われず、1763年には解体された。

フレンチ・インディアン戦争 [編集]

詳細は「フレンチ・インディアン戦争」を参照

1754年、オールバニでオールバニ議会が開かれ、イギリス領植民地との失敗した同盟計画について討議された。

ニューヨーク北部はフレンチ・インディアン戦争の戦場となり、イギリス軍とフランス軍はそれぞれの同盟先住民族と共にシャンプレーン湖の支配を巡って争った。ウィリアム・ジョンソン卿や他の代理人がイロコイ族の参加をもたらした。

1757年春にニューヨーク市で最大の強制徴募が起こった。3,000名のイギリス軍が町を封鎖し、酒場や他の水夫が集まる場所で見つけた800名近くを徴募した[6]。ニューヨーク市は私掠船の中心だった。1756年には40隻のニューヨーク船が私掠船として就役し、1757年春にニューヨーク市にもたらされたフランスからの略奪品は20万ポンドにもなると推計された。1759年までに、海上からフランス船の姿が消え、私掠船は敵との貿易に転用された。戦争の終結でニューヨークでは厳しい不況が起こった。

ウィリアム・ジョンソン卿はポンティアック戦争の休戦交渉を行い、インディアンをイギリス人の更なる進出から守るために1763年宣言とスタンウィックス砦条約が作られた。

政党 [編集]

1700年代の中頃、ニューヨークの政治では2つの大きな一家、すなわちリビングストン家とデランシー家の競争が繰り広げられた。どちらの家もかなりの資産を蓄積していた。ニューヨーク議会議員の何人かはその地元に住むよりもニューヨーク市に住んでいたので、ニューヨーク市はニューヨーク政界に過剰な影響力を持っていた。1752年の選挙でデランシー家の親戚や親しい友人が議会の定数27のうち12議席を占めた。しかし1761年の選挙ではデランシー家が議会の支配力を失った。カドワラダー・コールデン知事は大きな一家に対抗するために大衆政党を組織しようとしたが、それで2つの一家の市内特権階級から憎しみをかった。リビングストン家はジェイムズ・デランシーとその党派の影響力を制御する手段として王室との絆を頼みにした。デランシー家の王室との絆と見なされるものは個人的な利点のための道具になるはずだった。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -