歴史

1665年3月、ヨーク公ジェームズはニューネーデルラント植民地と現在のメイン州を含む王領植民地の特許を得た。この特許状には現在のマサチューセッツ州の一部も含まれていたが、マサチューセッツの特許状と矛盾していた。特許状では伝統的領主権を認め、その権限にほとんど制限を課していなかった。一般的には、所有権、支配権および統治権を与える土地の譲渡証書に等しく、メルパラコーナー紹介その統治はイギリスの法律に一致しなければならないという制限があるだけだった。ヨーク公がこの植民地を訪れることは一度もなく、その支配にほとんど口を挟まなかった。自分で指名した知事、議会および他の役人を通じてその政府を管理するやり方を選んだ。選出された議会に関する規定は無かった。

ニューネーデルラント植民地は1664年8月27日にオランダから奪った。この占領は1667年7月のブレダ条約で確認された。

1665年、ニュージャージーがニューヨークから分かれ別の植民地になったが、その境界は1765年まで確定されなかった。1667年、コネチカットの西半分がニューヨークから分離され、コネチカットに統合された。

1673年7月、オランダ艦隊がニューヨークを奪還し、1674年2月のウェストミンスター条約でスリナムとの交換でイギリスに戻された。1674年7月にヨーク公は2回目の特許状を得てその権利を完全なものにした。

初代知事リチャード・ニコルスはいわゆる「デューク法」を書いたことで知られ、これがニューヨーク植民地で最初に編纂されたイギリス法となった。イギリスは、ニューロシェルの設立者を含め不満を抱くキリスト教宗派の者達を迎え入れるというオランダの政策を継承した。デューク法では無宗派の国教会を作り上げていた。アンドロス知事は1674年に「どんな宗教であれあらゆる人々が貴方の権限範囲内で静謐に暮らすことを認める」と言った[3]。イギリスはオランダに代わり、「盟約の鎖」と呼ぶ協定でヌーベルフランスに対するイロコイ連邦との同盟を結んだ。

1683年10月に植民地議会が創設された。ニューヨークはイギリス植民地の中で議会を作ったことでは最後のものとなった。この議会で1683年10月30日にニューヨーク憲法を成立させ、この種のものとしては植民地の中で最初になった。この憲法では、ニューヨーク住民に代表なき課税からの保護を含み、他の植民地人集団よりも多くの権利を与えた。1683年11月1日、政府が再編され、植民地は12の郡に分けられ、そのそれぞれが町に小分割された。これら郡のうち10郡は現在も存在し、2郡(コーンウォール郡とデュークス郡)はスターリング伯からヨーク公が購入した領域内にあり、現在はニューヨーク州内になく、条約によってデュークス郡は1686年に、コーンウォール郡は1692年にマサチューセッツ湾植民地に渡された。郡の数は62まで増やされ、ニューイングランドの場合と類似して、ニューヨーク州の町は郡の中の小区分であるというやり方が踏襲されている。

1683年の議会立法でキリスト教徒であることを明言した植民地内の当時の外国出身の者全てを帰化させた。移民を奨励するためにキリスト教徒であることを明言する外国人は、その到着後に、要求される忠誠を誓えば帰化されるものとした。

王領植民地(1685年-1776年) [編集]

ニューヨークは1685年2月にヨーク公がイングランド王ジェームズ2世となった時に王領植民地となった。ジェームズ2世はニューヨーク憲法を承認せず、1685年10月にその無効を宣言した。勅許議会は1685年以降開かれなかった。

1688年5月、この植民地はニューイングランド自治領の一部となった。1689年4月、ジェームズ2世が名誉革命で廃位されたという報せが入ったとき、ボストン住民はその政府を廃止し知事を投獄した。ニューヨーク植民地は後にレスラー反乱と呼ばれる反乱を5月に起こした。フランスとのウィリアム王戦争が始まり、フランスがスケネクタディを攻撃した。7月、ニューヨークはモントリオールとケベック対する攻撃に参加したが失敗した。新しい知事ヘンリー・スローターが1691年3月に到着した。スローターはジェイコブ・レスラーを逮捕させ、裁判に掛けて処刑した。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -