ボストン港法

茶会事件に反応して最初に成立した法律。東インド会社が破棄された茶の弁償を受けるまで、また秩序が回復されて国王が満足するまでボストン港を閉鎖した。植民地人は茶を破棄した個人ではなく、メルパラボストン全体をこの法で罰することに反対し、また弁護のために証言をする機会を与えられずに罰されることにも抗議した。

マサチューセッツ統治法:この法でマサチューセッツの政府を一方的にイギリス政府の支配下に置くよう変更したのでボストン港法よりも大きな怒りを生んだ。統治法の条件下で植民地政府のあらゆる役職者はイギリス政府あるいは国王によって指名されることとなった。この法はまたマサチューセッツにおけるタウンミーティングの活動を厳しく制限した。マサチューセッツ以外の植民地は自分達の政府もイギリス議会の専断で変えられてしまうことを恐れた。

裁判権法:マサチューセッツの役人が告発され、そこでは公正な裁判が受けられないと考えるときに、知事が他の植民地あるいはイギリス本国に裁判の地を移すことを認める法律。この法では証人にその旅費を払うと規定したが、実際には裁判で証言するために仕事を放って大洋を渡ることのできる植民地人はほとんどいなかった。ジョージ・ワシントンは、このことでイギリスの役人がアメリカ人に嫌がらせをし、それによって法を逃れることができると考え、この法のことを「殺人法」と呼んだ[3]。1770年のボストン虐殺事件のあとでイギリス兵に公平な裁判が行われなかったので、植民地人の中にはこの法が不要だと考える者がいた。

宿舎法:この法は全ての植民地に適用され、アメリカでイギリス軍の兵士により効率的な住居を宛がう方法を生み出すようにされた。以前の法律では、植民地は兵士達に住居を供給するよう求められていたが、植民地議会はそうすることに非協力的だった。新しい宿舎法では、適当な宿舎が宛がわれないばあいに知事が他の建物を兵士に供することを認めた。多くの史料では宿舎法で軍隊に個人が占有している家に泊まれるようにしたと主張するが、歴史家のデイビッド・アマーマンによる1974年の研究では、それが神話であり、誰も住んでいない建物に泊まることを認めただけだと主張した[4]。多くの植民地人は宿舎法が反対すべきものと考えたが少なくとも高圧的諸法に対する抗議を生んだ。

ケベック法:ボストンの事件には関連の無い法律だったが、その通過したタイミング故に植民地人をしてそれが自分達を罰する為の計画の一部だと考えさせた。ケベック植民地の領土を拡大させ、その地域のフランス系カトリック教徒住民に一般的に有利な改革を施したものである。ただし選挙による植民地議会は拒絶した。ケベック法はイギリス植民地の様々な集団の利益には反していた。土地の投機家達や開拓者達は植民地が権利を主張している西部の土地を代表権の無い政府に渡してしまうことに反対した。多くの者はケベックでカトリック教が優勢になることを恐れ、フランス系カナダ人はイギリス系アメリカ人を圧迫するよう求められるのを恐れた[5]。

影響 [編集]

多くの植民地人は高圧的諸法を憲法に保障される権利、自分達の自然権および植民地の認可について侵犯されるものと考えた。それ故にこれらの諸法をマサチューセッツだけでなくイギリス領アメリカ全ての自由に対する脅威と捉えた。例えばバージニア植民地のリチャード・ヘンリー・リーはこの諸法を「アメリカの自由を破壊する最も呪われた仕組み」と表現した[6]。

イギリスは高圧的諸法によってマサチューセッツの急進派を孤立させ、アメリカの植民地人がその選挙で選んだ議会よりもイギリスの議会の権威に譲歩させることを望んだ。しかしこれは、諸法の幾つかの厳しさのために植民地の中庸派でもイギリスの議会のために発言するのを難しくしたので、裏目となった計算ずくのリスクだった。これら諸法は意図とは逆にマサチューセッツに対する同情を加速させ、むしろ植民地人がそれでなければ多様だった植民地をまとめて第一次大陸会議を結成させる方向に動かした。大陸会議はイギリス製品をボイコットし、それで1年後に高圧的諸法を撤廃させられなければ、イギリスへの商品輸出も止めるという合意である同盟規約を設定した。大陸会議はマサチューセッツが攻撃された場合に支援することも誓約し、このことでレキシントン・コンコードの戦いでアメリカ独立戦争が始まった時に全ての植民地が参戦することを意味するようになった。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -