メルパラ即会い

13植民地とイギリス王国との関係は、1763年に終わった七年戦争の後で緩りとだが着実に悪化していた。この戦争でイギリス政府は大きな負債を背負うことになり、メルパライギリスの議会は植民地からの税収入を増やすための一連の方法を法制化した。議会は1765年の印紙法や1767年のタウンゼント諸法のような法律が、イギリス帝国を維持するための費用のうち植民地に公平な負担分を払わせる法的手段であると考えた。植民地の抗議によって印紙法やタウンゼント諸法は撤廃されたが、議会は1766年の宣言法において「どのようなものであれ」植民地の法を押しつける権利があるという立場に固執していた。

しかし、多くの植民地人はイギリス帝国とは異なる観念を発展させていた。イギリスの憲法の下でイギリス国民の(税という形の)資産は、(政府に代表を送るという形で)植民地人の同意無くして徴集はできないと論じた。それ故に、植民地は直接議会に代表を送っていなかったので、植民地人の中には議会が自分達に税を課す権利がないと主張する者がいた。この見解は「代表なくして課税なし」というスローガンに表された。タウンゼント諸法の後で何人かの植民地論客がこの考え方をさらに進めて、議会が植民地における法的司法権をそもそも持っているのかを問題にし始めた[1]。植民地における議会の主権にまで及んだこの疑問はアメリカ独立となるものの伏線となる問題だった。

諸法の成立 [編集]

マサチューセッツのボストンで1773年の茶法を議会が成立させたことに自由の息子達が抗議し、ボストン港に税の対象である茶を大量に投げ込んだ。これがボストン茶会事件と呼ばれることになった。この事件の報せは1774年1月にイングランドに届いた。議会は一連の法律を制定することで反応し、私有財産を不法に破壊したことについてボストンを罰し、マサチューセッツにおけるイギリスの権威を取り戻し、さらにさもなくばアメリカにおける植民地政府の改革を目指した。

1774年4月22日、イギリス首相フレデリック・ノースは庶民院で次のように述べてこの計画の肩を持った。



アメリカ人は貴方達の臣民にタールを塗り羽根を付け(私刑の一種)、貴方達の商人を襲い、貴方達の船を燃やし、貴方達の法と権威に従うことを全て拒否した。我々の行動は大変穏和で長く堪え忍んできたが、いまは違った手段を選ぶ義務がある。その結果はどうなろうとも、我々は何らかのリスクを冒さねばならない。もしやらなければ、全てがおわりになる。[2]

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -