獲得

フランシス・ニコルソン知事は贈り物でチェロキー族との融和を図っていたが、チェロキー族は植民地政府との取り決めに不満を抱くようになった。アレクサンダー・カミング卿が1730年にチェロキー族と交渉して開拓のための土地に手がかりを付けていた。ジェイムズ・グレン知事がクリーク族とメルパラ購入方法チェロキー族の間の和平を取持ったために、チェロキー族はその報酬として数千エーカーの土地をサウスカロライナのために認めていた。サウスカロライナは基地と交易の中心地としてキュウィー川近くにプリンスジョージ砦を建設した。2年後、チェロキー族で重きを成す酋長オールドホップがグレンとの間に、チャールズタウンとインディアンのキュウィー集落の中間にあるサルダ・オールドタウンで条約を結び、現在では10個の郡に相当する96の地区をカロライナに譲渡した。

1760年1月19日までに、チェロキー族はイギリス人が約束を破ったことに怒って開拓者との間の緊張が高まり、徐々に開拓者の土地を奪い奥地の白人開拓者を襲うようになった。チェロキー戦争と呼ばれる紛争である。サウスカロライナのリトルトン知事は1,100名の軍隊を招集し、低地の集落に進軍して直ちに和平条約をまとめた。和平条約の条件の1つとして、29名のチェロキー族酋長をプリンスジョージ砦に人質として収監した。リトルトンはチャールズタウンに戻ったがチェロキー族の怒りは収まらず、開拓者への襲撃を続けた。1760年2月、チェロキー族は人質の解放を目指して、プリンスジョージ砦そのものを攻撃した。この戦闘で砦の指揮官が戦死した。その後任指揮官は直ちに人質の処刑を命じ、攻撃部隊を追い払った。リトルトン知事は反乱を持て余し、カナダの軍政府長官ジェフリー・アマーストに支援を依頼し、アマーストはアーチボルド・モンゴメリーに1,200名のイギリス軍正規兵とスコットランド高地連隊を付けて派遣した。モンゴメリー部隊はチェロキー族が放棄した低地集落の幾つかを焼き、チェロキー・ミドルタウン地区に進撃した。モンゴメリー部隊は「エトコーパス」で急襲されて敗北し、チャールズタウンへの撤退を余儀なくされた。1761年、チェロキー族討伐の3回目の試みがなされた。ジェイムズ・グラント将軍が2,600名の兵士を率いて進発した。これにはカトーバ族インディアンも斥候として従軍した。チェロキー族は再びエトコーパスで戦ったが今回はグラント部隊を止められなかったので、グラント部隊はミドルタウン地区の集落と畑の穀物を焼き払った。

1761年9月、アタクラクラに先導されたチェロキー族の酋長達が和平を求めてきた。和平の条件は低地集落を含みチェロキー族領土の東部の大半を割譲することだった。そこに住むチェロキー族は留まることを許されず、ミドルタウンかさらに奥地へ移住することになった。

チェロキー族の敗北と東部の領土が割譲されたことで、現在ではランカスター郡と呼ばれるワックスホーを通って奥地に新しい開拓者が雪崩れ込んだ。すぐに無法状態となり、盗難、放火および略奪が日常のことになった。奥地の住人は自警団である「レギュレーターズ」を組織し、自分達の土地に法を持ち込むことにした。奥地の住人には植民地白人の50%が居り、パトリック・カルフーンや他の代表をチャールズタウンの議会に送り、裁判所、道路、教会や学校の必要性を訴えた。間もなくカルフーンとモーゼス・カークランドが奥地選出の植民地議会議員となった。

1775年までにこの植民地には6万人のヨーロッパ系アメリカ人と8万人のアフリカ系アメリカ人が住んでいた。他の植民地では、低地カロライナが享受する富に匹敵するものがなかった。インディアン、フランスおよびスペインとの打ち続く戦乱は、平均的な植民地人の軍事的な能力に関する感覚を強め、独立を志向することになった。

サウスカロライナ植民地の最後の総督はウィリアム・キャンベル卿であった。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

- mono space -