同時

サウスカロライナは内部のチカソー族、クリーク族およびチェロキー族と同盟を結び、奴隷だけでなく鹿の毛皮、メルパラ海軍軍需品および米を交易していた。この金になる交易でカロライナは急速に人口も財力も上がっていった。しかし、サウスカロライナの初期の移民の多くは、バルバドスの人のために働く年季奉公労働者か奴隷であり、川を遡ってあるいは近くの海上の島でプランテーション建設に働かされた。

1715年頃、サウスカロライナのヨーロッパ人とアフリカ人の人々の90%は、チャールズタウンから30マイル (48 km)の範囲内に住んでいた。貿易業者には土地が要らず、また米の栽培は小さな土地からでも大きな収量が得られた。さらに、米の栽培は堤防と水路の工事を必要としたので、タバコのような作物のように土地を疲弊させることがなかった。その結果、開拓された土地は比較的限られたものであり、チャールズタウン近くに密にかたまっていた。対照的にバージニアはチャールズタウンに比較できるような都市が無かった。バージニアが農業社会であったのに対し、サウスカロライナはより国際的であった。プランテーションで働かないイギリスの植民地人は、その所有する奴隷の中でほとんど生活し、ある地方ではアフリカ系アメリカ人の従僕の数が自由奴隷に対して10対1の比率になっていた。ヨーロッパ人の中には、農園主に対して反乱を引き起こしてしまうことを警告する者がいたが、バルバドスの人々は以前にバルバドスで繁栄する経済をうまく作り出した実績があり、奴隷制はそうするための方法だと主張した。

植民地領主や王室は奴隷制度には関与せず、イギリス帝国では適法とされていたが、カロライナの輸出品には関心があった。カロライナの米および1740年以降はインディゴが帝国にとって特に貴重なものであった。米は、穀類がほとんど育たない西インド諸島の砂糖プランテーションを維持するために必要であった。カロライナの米がカリブ海の奴隷を養い、またニューイングランドのタラも同様だった。1730年代、イングランドはカロライナのプランテーションを保護するために他国との緩衝地帯を造る目的でジョージア植民地を設立した。ジョージア海岸はかってスペインのグアラとモコマの防御の固い植民地であったが、奴隷目的の襲撃とスペインとの戦争によって人口を極端に減らしていた。ジョージア植民地設立のとき、この地域にはほとんど人が居らず、反抗することもできなかった。

1680年、アルベマール・ポイントは不健康で防御に難しいということになった。何人かの開拓者が北のオイスター・ポイントに移動し始めた。細い首の半島先端にあるオイスター・ポイントはどの方向から地上の攻撃が来るかが分かりやすいために防御に適していた。港から来る敵は遠くから視認できた。1680年5月、植民地領主は知事と行政委員会にオイスター・ポイントに移るよう指示を出した。そこは半島でも低い方にあったので、海岸の農園主は潮の干満のあるクリークを使ってチャールストン港まで商品を容易に運び出すことができた。

フランスのユグノープロテスタントは1680年代に移民して来るようになった。1685年にフランスが非カトリック教徒に対する信教的自由を撤廃したことがこの動きを加速することになった。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -