増加

スペインがカロライナ海岸の領有を主張していたので、新しい開拓者はスペインに対して、またその同盟インディアンに対して防御を固める準備を始めた。1670年8月、セントオーガスティンの住人がチャールズタウンを破壊するためにインディアンを送り込んだ。ヘンリー・ウッドワード博士が外交の旅から戻り、多くの種族にイギリスとの同盟を説き付け、メルパラスペインに対する強力な防衛網を作り上げていた。到着したスペインとその同盟インディアンはこのことを知って、結局攻撃を諦め、セントオーガスティンに戻ってその町の防御を固めることになった。

1671年2月、バルバドスから開拓に加わるために到着した。セイル知事が死に、一時的にジョセフ・ウエストが知事となった。バルバドスの知事ジョン・イェーマンが1671年9月1日に500名のバルバドスの人々と到着し、ウエストに取って代わって知事となった。まだ若い植民地の経済はインディアン奴隷の輸出に大きく頼っていた。ウエストー族は既に奴隷目的の攻撃者となっており、捕まえた奴隷を武器と交換したり、バージニアからの商品と交易したりしていた。数年に及ぶ紛争の後に、サウスカロライナとウエストー族との間に同盟が成立した。1675年から1680年の間、ウエストー族がスペインと同盟するグアラとモカマの種族を襲って捕まえた奴隷の貿易で利益が上がった。奴隷はチャールズタウンから船に乗せられ、西インド諸島の砂糖プランテーションに売られて働かされた。しかし、ウエストー族は、カロライナの開拓者が交易をしたいと願っている内陸部のチェロキー族、チカソー族および原始クリーク族とも戦った。1670年代の遅く、サバンナ地方に移住してきていたショーニー族の一団とサウスカロライナの間で新しい同盟が成立した。1679年にウエストー族との戦争が勃発し、ウエストー族の壊滅という結果になった。サバンナとヤマシー族インディアンが直ぐに奴隷を襲う役割を取って代わり、サウスカロライナとの同盟を結んだ。カロライナ植民地の初期数十年は、金になる穀物栽培が大規模のものになるまで、インディアン奴隷の輸出が植民地経済の柱であり続けた。歴史家のアラン・ギャレイによれば、1670年から1715年まで、輸入される奴隷よりもチャールズタウンから輸出される奴隷の数が多かった。チャールズタウンから輸出されたインディアン奴隷の数は24,000名から51,000名の間と見積もられており、そのほとんどはスペイン領フロリダからのものであった。多くは西インド諸島に運ばれたが、バージニア、ニューヨーク、ペンシルベニア、ロードアイランドおよびマサチューセッツといった北部のイギリス領植民地で買われた者もいた。当時、アフリカから連れて来られる奴隷の値段はサウスカロライナのインディアン奴隷よりもかなり高かった。それでもカロライナの開拓者はインディアン奴隷よりもアフリカの奴隷を好んだ。その理由の一つはサウスカロライナを取り囲む多くのインディアン種族がみな力を持っており、それらの種族がフランスやスペインと同盟を結ぶことを避ける必要があったことである。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -