メルパラ

マサチューセッツ湾植民地創設者の息子、ニューロンドンのジョン・ウィンスロップ・ジュニアがコネチカット川近辺に点在した開拓地をまとめて単一の植民地にするときに重要な役割を果たした。メルパラウィンスロップは1659年から1765年までコネチカットの知事を務めた。また1662年勅許取得の提唱者でもあり、この勅許でニューヘイブン植民地をコネチカットに併合した。ウィンスロップの息子フィッツ・ジョン・ウィンスロップも1698年から10年間知事を務めた。

ロジャー・ルドローはオックスフォードで教育を受けた弁護士でありマサチューセッツ湾植民地の副知事であったが、この地域を開拓する権利を高等裁判所に請願した。ルドローは土地の権利に関する論争を収めるためのマーチ委員会を宰領した。フッカー、ウィンスロップなどとの協力で1650年コネチカット基本法の起草者とされている。ルドローはコネチカットの初代副知事だった。

ギルフォードのウィリアム・リートはコネチカットに併合される前のニューヘイブン植民地知事を務め、ジョン・ウィンスロップ・ジュニアが1675年に死んだ後はコネチカット知事も務めた。両方の植民地知事を務めた唯一人の者だった。

ミルフォードのロバート・トリートは、コネチカットがエドマンド・アンドロス卿によるニューイングランド自治領に併合される前後で知事を務めた。その父、リチャード・トリートはこの植民地の初めに特許をうけた者の一人だった。

この植民地では18世紀に一連の強力な知事が現れ、それらの者は死ぬまで毎年再選された。フィッツ・ジョン・ウィンスロップが死んだときは、ウィンスロップのニューロンドンにおける牧師、ガードン・ソルトンストールが知事に選ばれた。ソルトンストールはコネチカットで知事に選ばれた唯一の牧師であり、ピューリタンの牧師は公職に就けないという一般にあった誤解を覆した。ソルトンストールが死んだとき、副知事であるハートフォードのジョセフ・タルコットが知事になった。タルコットが死んだときも、副知事だったミルフォードのジョナサン・ローが知事職を継いだ。ジョナサン・ローが死んだときは、ウィンザーのロバート・ウォルコット副知事が知事になった。ウォルコットはアメリカ独立宣言の署名者オリバー・ウォルコットの父であり、1754年のスペイン船事件におけるその役割の故に選挙で落選した。ウォルコットの後継者、ノーウォークのトマス・フィッチは七年戦争の間植民地を指導したが、フィッチも1766年の印紙法拒否で強く出なかったために落選した。フィッチを破って当選したハートフォードのウィリアム・ピトキンは自由の息子達の支持者でもあり、また元知事ロジャー・ウォルコットの従兄弟でもあった。ピトキンは1769年に死に、レバノン出身の商人ジョナサン・トランブル副知事が後を継いだ。トランブルもまた自由の息子達の支持者であり、独立戦争の間も知事に選ばれ続け、1784年に引退した。この年はアメリカ合衆国のイギリスからの独立を認めたパリ条約調印から1年後だった。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -