メルパラ

ニューヘイブン植民地は異なる政体だったが、1662年の勅許のもとにコネチカットに併合された(ニューヘイブン植民地の住民は1565年1月5日に初めてコネチカットの支配を認識した可能性がある)。ニューヘイブンはイングランド王チャールズ1世を告発し1649年に死に至らせた判事のうち3人を匿っていたので、メルパライングランドから大きな圧力を受けたためにコネチカットと合併した。この勅許が後に差し押さえられることになったとき、ある市民がオークの木の幹にそれを隠した。





コネチカット西部保留地
ニューヘイブン植民地は1641年のレナペ族との協定により、デラウェア川の東西両岸の全域を所有すると主張することになった。この植民地は現在のフィラデルフィアで最初の何らかの形で開拓を始めた。その地域に住むニュースウェーデンやニューアムステルダムの住人がその開拓地を燃やし、そこはマサチューセッツ湾植民地によって否認された。ニューヘイブン植民地はこの試みから撤退したものの、そのレナペ族との協定で、デラウェアの東西に大西洋から太平洋まで全ての土地、いわゆる海から海までというコネチカットの領有権主張の根拠になった。

指導者達 [編集]

著名なピューリタンの牧師トマス・フッカーとマサチューセッツ湾植民地知事ジョン・ヘインズが、1636年にハートフォードまで100人の人々を引率し、これがコネチカット植民地の創設者と考えられることが多い。フッカーが1638年5月31日に政府の原則についてその信徒達に行った説教が、その年後半にコネチカット基本条例を書いた者達に影響を与えた。この基本条例は、1630年代のコネチカットに住んでいた唯一人の訓練を積んだ弁護士であるウィンザーのロジャー・ルドローが起草した可能性があり、事務官トマス・ウェルズによって公式記録に書き写された。

ダベンポート牧師と商人のセオフィラス・イートンがニューヘイブン植民地の創設者と考えられている。ニューヘイブン植民地は上記のように1660年代にコネチカット植民地に吸収された。

植民地初期では、知事がその任期を続けて務めることができなかった。このために20年間というもの、ハートフォード出身のジョン・ヘインズとエドワード・ホプキンスが交互に知事を務めた。1640年代と1650年代にはやはりハートフォード出身のジョージ・ワイリーズ、トマス・ウェルズおよびジョン・ウェブスターが短期間知事の座に座った。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -