メルパラ

ウィンスロップは1635年10月にボストンに到着し、メルパラオランダがコネチカット川河口の「パスベショーケ」(アルゴンキン語で河口という意味)と呼ばれる場所の占領を計画していることを知った。このオランダに対抗するために、ウィンスロップはエドワード・ギボンズ中尉とサイモン・ウィラード軍曹の指揮で20人の大工と他の作業者を小さな船に乗せてコネチカット川河口に派遣した。この遠征隊は11月24日に河口近くの西岸、今日のオールドセイブルックに上陸し、オランダの紋章を刻みつけてある木を特定した。彼等はその紋章を剥ぎ、楯を描きニッと笑っている顔を描き入れた。大砲のための砲台を建設し、小さな砦を造った。オランダ船が数日後に戻ってくると、大砲とイギリス船を見付けて撤退した。ウィンスロップはこの地点をファインズ(セイ子爵)とブルック卿に因んで「ポイント・セイブルック」と改名した。

1630年代にはイギリス人開拓者がニューイングランドの他の植民地からコネチカット川渓谷に移ってきた。1633年、ウィリアム・ホームズが1群の開拓者を率いてプリマス植民地からコネチカット川渓谷に入り、オランダの交易基地から北数マイルにウィンザーを設立した。1634年、ジョン・オールダムと一握りのマサチューセッツの家族がオランダの交易基地から南数マイルにウェザーズフィールドの地域に仮寓を建てた。次の2年間にマサチューセッツのウォータータウンから30家族がウェザーズフィールドでオールダムの追随者達に加わった。この地域のイギリス人人口は1636年に脹れ上がった。牧師のトマス・フッカーがリチャード・リスリーを含む100人の開拓者と130頭の牛を導き、マサチューセッツ湾植民地のニュータウン(今日のケンブリッジ)からコネチカット川の両岸に入り、古いオランダの砦とはパーク川を挟んで対岸にハートフォードを設立した。1637年、コネチカット川沿いの3つの町、ウィンザー、ハートフォードおよびウェザーズフィールドがピクォート戦争を戦うために共通の政府を樹立した。これらの開拓者達は自分達の規則と規制による新しい教会の社会を樹立したいと考えた。歴史家のヘンリー・S・コーンに拠れば[1]、「彼等は民衆によって選ばれていない執政官の権力に不満だった。しかし、彼等はその持っている土地を拡げたいとも思った。」

1638年夏、これらの町ではコネチカット基本条例を書き上げ、政府の原則、権力および構造を決めた。これらは1639年1月14日にコネチカット委員会に採択され、トマス・ウェルズによって公式記録に書き写された。コネチカットは1662年に王室勅許を受け、公式の王室領植民地になった。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ



逆援交
逆援交
逆援交
逆援交
逆援交
逆援交
逆援交
- mono space -