メルパラ

コネチカット植民地(コネチカットしょくみんち、英: Connecticut Colony)は、1636年から1776年まで、メルパラ北アメリカ現在のアメリカ合衆国コネチカット州の領域に存在したイギリス領植民地である。当初は川の植民地 (River Colony)と呼ばれ、ピューリタン貴族の受け入れ地として1636年3月3日に組織化された。初期のオランダとの闘争後、1630年代後半までにイギリスが恒久的な支配権を取った。この地域は後に、ピクォート戦争と呼ばれるイギリス人と先住民族の間の血腥い戦争の舞台となった。これは、チャーターオーク事件と呼ばれるニューイングランド自治領の地元権威に屈服するのを拒否した伝説的出来事と共に、新世界に自治政府を打ち樹てるために重要な役割を演じた。

今日のコネチカット州にあった2つのイギリス植民地、セイブルック植民地が1644年に、ニューヘイブン植民地が1662年にコネチカット植民地に併合された。
この地域に入った最初のヨーロッパ人は1614年にロングアイランド湾を通り、コネチカット川を遡って今日のハートフォードまで行ったオランダ人探検家アドリアン・ブロックの遠征隊だった。このときその地域に住んでいたピクォート族に遭遇した。1620年代までに、ニューアムステルダムからのオランダ人交易業者がコネチカット川沿いに毛皮交易基地を設立し、その中でも著名な所は現在のハートフォード内、パーク川がコネチカット川に合流する地点に作られた「良い希望の家」(英語:House of Good Hope、オランダ語:Huys de Goede Hoop)だった。

1630年までに、北アメリカでオランダの強力な競争相手だったイギリスがニューイングランドの東海岸に幾つかの開拓地を創った。1620年のプリマス植民地、1623年のニューハンプシャー植民地および1630年のマサチューセッツ湾植民地などだった。イングランド王ジェームズ1世はニューイングランド評議会の議長第2代ウォリック伯爵ロバート・リッチに、ナラガンセット湾から西に太平洋岸までの地域への入植権を認可した。1631年、ウォリック伯はこの認可を北アメリカにおける逃避場所になりうる所としてイングランドにいる15人のピューリタン領主に譲渡した。この特許を受けた者達の中に、初代セー・アンド・シール子爵ウィリアム・ファインズやブルック卿、ジョージ・フェンウィック大佐等がいた。1635年、特許受権者達はマサチューセッツ湾植民地総督の息子、ジョン・ウィンスロップ・ジュニアを「川の植民地知事」として任命した。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ


逆援交
逆援交
逆援交
逆援交
逆援交
逆援交
逆援交完全無料
逆援交
逆援交
- mono space -