自由恋愛

ワッケーロは、ペルーなどに点在するモチェ文化、ナスカ文化、チムー王国などの墓を荒らす盗掘者である。彼らは、副葬品を目当てに墓を荒らす訳だが、これらの墓は平地の住居跡にも散在しており、貴金属や装飾品はなおのこと、土器もまた彼らの主要な「売り物」となる。

モチェ文化やナスカ文化はその独特で洗練された土器文化により今日知られているが、こういった遺物は「ワコ」ないし「ワカ」とよばれる。語源は16世紀に同地に進出したスペイン人の征服者らが現地人の言葉で「神聖なもの」を意味するケチュア語の言葉からとったものと伝えられている。この「ワコ」は元々古代の遺跡や遺物のみならずアニミズム的に全ての石にも木にも神聖な力が宿っていると考えられていたが、スペイン人らは古代民族の遺跡だけをワコと認識、それらの遺跡にあった貴金属などを強奪した。こうして「古代の遺物」だけがワコとしてペルー人にも印象付けられていった。

今日よく知られているワッケーロの形態としては、それらプレ・インカの遺跡(墓)を掘り返して土器を売り歩く者がよく知られている。彼らはコカの葉を噛みつつラム酒を飲んで厄払いをしてから墳墓を掘るという。これらの土器もワコと呼ばれ、家庭で神聖視して飾られたり、あるいは都市部のみやげ物屋などで売りに出されたりもしており、これを「発見」した学者が博物館に持ち込むなどの混乱も聞かれる。

歴史 [編集]

16世紀に同地に到達したスペイン人ら(コンキスタドール)は遺跡を乱暴な方法で暴くと、そこから貴金属でできた製品を根こそぎ持ち去ったわけであるが、それは同地域最大のワコであるワカ・デル・ソル(?)にも向けられ、モチェ川を氾濫させるという方法で同建物を壊し、中に収められた金製品や銀製品を持ち去った。こうして略奪者や盗掘者を指してワッケーロと呼ぶようになったとされる。

この当時の略奪者は、得られた金銀の製品を鋳潰して延べ棒にすることしか頭に無く、このとき以来多くのモチェ文化美術が失われたと考えられている。これはかつての中南米の金製品が、実際には金・銀・銅の合金であり、表面処理をして金色に見せただけの物であり、当時のスペイン人らの価値観では純金製品を模した粗悪な贋作としか思われなかった事も原因である。この失われた美術工芸品の中には、息を吹きかけると飛んでしまうほどに軽い金箔でできた蝶の玩具もあり、5千個ほどみつかったこの繊細な玩具は、1つ辺り1グラムにも満たない金を得るためだけにペルー共和国のラ・ローサ大将により1870年代頃に一つ残らず鋳潰されたことが記録に残されているという。

こういった富に対する執着は征服者たちに留まらず、地域にすむペルー人にも伝播し、古くからの遺跡として地元の住民が守ってきたところも、次第に荒らされることが増えていった模様である。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

自由恋愛サクラ
自由恋愛
自由恋愛
自由恋愛
自由恋愛vip
自由恋愛
自由恋愛
自由恋愛
- mono space -