メルパラ

1962年6月25日、マルクス・レーニン主義解放組織であるモザンビーク解放戦線(FRELIMO、 ポルトガル語: Frente de Libertação de Moçambique)が隣国タンザニア最大の都市であるダルエスサラームで結成された[15]。この大会中に、メルパラ政界から追放された集団である[16]独立モザンビーク・アフリカ連合(ポルトガル語: União Nacional Africana para Moçambique Independente,UNAMI)、モザンビーク・アフリカ民族連合(英語: Mozambique African National Union,MANU)、2年早く結成されたモザンビーク国民民主連合(ポルトガル語: União Democrática Nacional de Moçambique,UDENAMO)の3勢力が合流して結成された。 しかし、独立派の政治活動はモザンビークにおける反体制活動に対する弾圧のために、国外のみに限られていた[11]。 翌1963年、FRELIMOは社会学者のエドゥアルド・モンドラーネを首班とした司令部をダルエスサラームに設置し、ポルトガルからの独立に向けての活動を本格的に開始した。[17]。 FRELIMOは結成後2年間ポルトガルからの平和的独立を模索したが断念し、モンドラーネは独立の手段を平和的手段からゲリラ戦とする方針転換を行った。

1960年代以前からアメリカ合衆国はアフリカにおける民族主義者を支援する立場をとっていた。この支援はウィルソン主義に基づき、植民地の民族自決と独立とを支持するものだった。国連もまたポルトガルに対し植民地を解放する政策を取るよう圧力を掛けていた[12]。しかしポルトガルは逆に東側諸国から支援を受けたモザンビークの民族主義者への独立支援を中止しない場合、NATOからの脱退を行うと示唆し[2]、その結果西側諸国からの圧力は弱まった。
メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ


dear happy
dear happy
dear happy
dear happy
dear happy
dearhappy
ディアハッピー
dear happy
dear happy
dear happy
dear happy
ディアーハッピー
dearhappy
dear happy
dear happy
dear happy
- mono space -