メルパラ

ロペス・デ・レガスピと部下たちは93日かけて太平洋を航海した。1565年のはじめ、彼らはマリアナ諸島に上陸し、メルパラ短期間停泊し物資を再補給した。彼らはチャモロ人との抗争を起こし、いくつかの家屋を焼き払った。

ロペス・デ・レガスピたちがフィリピン諸島に到達しセブ島の海岸に上陸したのは1565年2月13日のことであった。現地人との短い戦いの後、彼らは一旦島を去り、近くのレイテ島とカミギン島を転々とした後、3月16日にボホール島の海岸に漂着した。彼らは現地人たちに、自分たちは島を奪いに来たポルトガル人ではないと説得し、スパイスと金を得た。ロペス・デ・レガスピは地元の首長(ダトゥ)・シカトゥナと血盟を結んだ。互いに腕を切って血を流し、杯に入れて飲み合い、互いの友情の証としたのである。

4月27日、ロペス・デ・レガスピたちはセブ島に戻った。島の東岸にあるスグボ(現・セブ)を治めていたのは、かつてマゼラン来航の際にキリスト教に改宗したラジャ・フマボン王の、息子にあたるラジャ・トゥパスであったが、ロペス・デ・レガスピの兵隊たちはこの町を攻撃し破壊した。ここに、彼らはフィリピン諸島における最初の入植地、ヴィラ・デル・サンティシモ・ノンブレ・デ・ヘスス(Villa del Santisimo Nombre de Jesús、イエスの最も聖なる御名の村)とヴィラ・デ・サン・ミゲル(Villa de San Miguel、聖ミカエルの村)を建設した。7月、増援を求めるためと復路開拓のためにロペス・デ・レガスピはアンドレス・デ・ウルダネータをメキシコへ戻らせた。

1567年、スペイン王の命令の元、200人のスペイン人とメキシコ人の兵士がセブ島に着いた。彼らは入植地に都市を成立させ、フエルサ・デ・サン・ペドロ(サン・ペドロ要塞)を築いてメキシコとの貿易の前哨地点に、また敵意のある現地人の反乱に対する備えにした。これは今もセブ市の海岸に建っている。

1568年、ロペス・デ・レガスピは部下を一人スペインに戻し、彼らの成果を報告させた。ロペス・デ・レガスピ自身は健康の問題と高齢のためセブに残り、後のマニラ征服の際にも兵士たちに同行しなかった。この頃彼は北方のルソン島のマニラに富があることを聞き、二人の副官、マルティン・デ・ゴイティ (Martín de Goiti) とフアン・デ・サルセード (Juan de Salcedo) を北部地方の探検に向かわせた。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

近所でしよう
近所でしよう
近所でしよう!
きんじょでしよう
近所でしよう
近所でしよう!!
きんじょでしよう
近所でしよう
近所でしよう
近所でしよう
近所でしよう
- mono space -