メルパラ

1502年、ミゲル・ロペス・デ・レガスピはスペイン・バスクのギプスコアにある小さな町、スマラガで、地元の貴族ドン・フアン・マルティネス・ロペス・デ・レガスピ(Don Juan Martínez López de Legazpi)とエルヴィラ・グルチャテギ(Elvira Gurruchategui)の間に末息子として生まれた。

1526年から1527年の間、メルパラロペス・デ・レガスピは故郷の町の町議会議員として活動した。1528年、エルナン・コルテスがメキシコに入植地を建設した後、ロペス・デ・レガスピはメキシコに作られたスペインの植民地「ヌエバ・エスパーニャ」に向かい新生活を始めた。これには彼の両親が亡くなり、その家族の財産のすべてを兄が相続してしまったことへの不満もあった。ヌエバ・エスパーニャのトラスカラで彼はホアン・ガルセスとその妹、イサベル・ガルセスと働いた。後にロペス・デ・レガスピはイサベルと結婚し、9人の子をもうけることになる。イサベルは1550年代半ばに亡くなった。

1528年から1559年の間、ロペス・デ・レガスピは財務部局評議会のリーダーとして、メキシコ市の市長として働いた。そして1564年初頭、副王ルイス・デ・ヴェラスコは、ロペス・デ・レガスピに対し、太平洋に出航し香料諸島(モルッカ諸島)への遠征の指揮を執るよう任命した。香料諸島は高価なスパイスを産出するため羨望の地となっており、1521年にはフェルディナンド・マゼランが、1543年にはルイ・ロペス・デ・ビリャロボスがスペインの艦隊を率いて太平洋を横断しこれらの島々に到達していたが、インド周りで航海するポルトガル人によって先に征服されようとしていた。

この遠征はスペイン王フェリペ2世(ビリャロボスは1543年の探検で、皇太子時代の彼を称え、現在のフィリピン諸島にフェリペナスと名づけていた)によって命令されたものであった。1564年7月に副王は亡くなるが、副王の下のアウディエンシア(司法官)とロペス・デ・レガスピはすでに遠征の準備を完了していた。1564年11月21日の早朝、5隻からなる艦隊と500名の武装した兵士、聖アウグスチノ修道会の修道士で航海士のアンドレス・デ・ウルダネータやフランシスコ会からの修道士を連れて、ロペス・デ・レガスピは現在のメキシコ西海岸・ハリスコ州にあるバラ・デ・ナヴィダード(Barra de Navidad)の港を出航した。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ


近距離@フレンドパーク
近距離@フレンドパーク利用無料
近距離@フレンドパークサクラ
近距離@フレンドパーク
近距離@フレンドパーク評判
近距離@フレンドパーク
近距離@フレンドパーク評価
近距離@フレンドパーク無料登録
近距離@フレンドパーク
近距離@フレンドパーク
近距離@フレンドパーク料金不要
- mono space -