メル友倶楽部

デ・ソトの遠征は、期待された財宝や植民地化に最適な場所を見つけることができずに、3年間ラ・フロリダを探検していた。およそ半分の隊員を失い、馬のほとんどは殺されており、彼らは動物の皮を衣服にして多くは負傷して不健康であった。合意(全員のではないが)によって、遠征を中止することが決定され、ミシシッピ川を下るか、テキサスを渡ってスペイン領植民地のメキシコシティへ陸路で行くかの、帰途を見つけようとした。

ボートを作ることはとても難しく時間がかかりすぎ、メキシコ湾を航行するのはとても危険であることが決定された。結局彼らは陸路で南西に向かった。最終的に彼らは、インディアンが狩猟採集で自給自足を営んでいる、人口まばらな乾燥した現在のテキサスの地域に到達した。これは、彼らが食べ物を略奪するためのインディアンの村がなく、軍隊はその土地のものを食べて養うには大きすぎる、という深刻な問題を起こした。

彼らはやむを得ず、ミシシッピ川沿いのもう少し開けた地域に引き返し、そこでボートを作り始めた。彼らは馬具や奴隷の足かせを含む、持っていた鉄すべてを溶かし、ボート用の釘をこしらえた。冬が来て過ぎ去り、春の洪水でさらに2ヶ月費やされたが、7月までには彼らはミシシッピ川を下ってメキシコ湾岸に向けて出発した。旅行にはおよそ2週間がかかり、彼らは全体のコースにわたってインディアンの領地を通って漂流していたので、時には何日間もかけてボートをカヌーで追ってくる、敵対的なインディアン部族の矢に悩まされた。スペイン人は、彼らの弓矢を長い間使っていなかったため、水上で有効な攻撃できる武器を何一つ持っていなかった。そして彼らは矢を防ぐために鎧兜や敷き布団をあてにするしかなかった。およそ11名のスペイン人がこの航行で死亡し、多くが負傷した。

ミシシッピ川河口に到達すると、ボートは湾の海岸沿いに南西に向けてまっすぐ進み、およそ50日後に彼らはパヌコ川とスペインの辺境の町パヌコに到達した。そこで彼らはおよそ一ヶ月休んだ。この時多くのスペイン人隊員が、入植地を見つけることなくしてラ・フロリダを出発したのは早計だったとして反乱を起こし、内乱が起こって数名が死亡した。彼らはメキシコシティへの旅を続けたが、副長のドン・アントニオ・デ・メンドーサが別のラ・フロリダへの遠征隊に加わらないかと提案したときには、志願したものはほとんどいなかった。当初700名いた関係者は、300〜350名が生き残り(311名が一般的に受け入れられた数)、結局そのほとんどは、メキシコ、ペルー、キューバやその他のスペイン領の新世界に住み着いた。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

メル友倶楽部
メル友倶楽部
メル友倶楽部
メル友倶楽部
メル友倶楽部
メル友倶楽部
メル友クラブ
メル友倶楽部
メル友倶楽部
メル友倶楽部
- mono space -