メルパラ

彼らは冬を過ごしたフロリダのパンハンドル西部の場所から、「太陽が昇る場所」で採掘される金のことを聞き、メルパラ遠征隊はジョージアとサウスカロライナを通って現在のサウスカロライナ州コロンビアへと北東に向かった。そこであるインディアン部族を訪ね、好意的な女性の酋長に迎えられた。彼女はスペイン人が欲しがる部族の真珠、食物、その他のものを提供した。しかし黄金はなく、フアン・パルド (Juan Pardo) による以前の沿岸部のスペイン人遠征の断片の他は見つけることができなかった。

デ・ソトはノースカロライナのアパラチア山脈に向けて北進し、そこで彼は部下が金を探している間、一ヶ月をかけて馬を休ませた。デ・ソトは次にテネシーとジョージア北部に入り、そこでさらに一ヶ月を費やした。その後メキシコ湾へと南へ向かい、ハバナからの新規の供給物を積み込んだ彼の2隻の船と会った。





マビラの砦を焼き払い、インディアンを虐殺するソトの軍隊
道中のアラバマ中央部でデ・ソトはインディアンの砦村の「マビラ」に到達したが、タスカルーサたちモービル族(チョクトー族かクリーク族の支族と見られる)の戦士団が、デ・ソトの一隊を攻撃した。スペイン人らはなんとかその攻撃をかわして進軍し、都市に火を放った。この9時間の遭遇の間、20名のスペイン人が死に、多くが負傷し、翌数週間の間に20名以上が死亡した。当地の2000名から6000名の間の数のモービル族戦士たちは、ソトの軍隊の放った火と戦いで皆殺しにされた。以下はソトの部下のルイス・ビエドマが1544年に書き残したものである。
「我々はマビラの町に入って火を放ち、インディアンどもを焼き殺して略奪した。後には何も残らなかった。我々は夕暮れ時までこの戦を続けたのだが、一人だけ降伏を拒否してライオンのように戦った勇敢なインディアンがいた。我々は、火、あるいは剣、またはインディアンと同じように槍で、インディアンども全員を殺した。 ほぼ日が暮れた頃、生き残ったインディアン戦士はわずか3人だった。そして、20人の女たちが連れてこられて前で降伏の踊りを踊り、戦士たちは腕を組み、殺すなら迎えに来い、と合図した。宣教師が女たちのほうに進むと、彼女らは脇に回った。そして、我々は生き残りのインディアン戦士のうち二人を殺した。残った三人目の戦士は、我々を狙って矢を撃ってきた。この最後のインディアンは、降伏を拒否して、砦の柵の内側にあった木によじ登り、自分で自分の首に縄を結んで首を吊った。」
スペイン人たちはインディアンの皆殺しに成功したが、彼らも所有物の大半と40頭の馬を失った。スペイン人たちは負傷し、病気になり、見知らぬ土地で武器のない状態で敵に囲まれた。彼の部下がモービル湾の船に到達すればこの噂がスペインに流れることを恐れて、デ・ソトはメキシコ湾岸から彼らを遠ざけて、ミシシッピに入り、恐らく現在のトゥペロの近くで冬を過ごした。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

メガコミュ
メガコミュ
メガコミュ
メガコミュ
メガコミュ
メガコミュ
メガコミュ評価
メガコミュ
メガコミュ
- mono space -