メルパラ

最新の説は、デ・ソト遠征隊の生存者で、デ・ソトの秘書をしていたロドリゴ・ランヘルと、デ・ソトと共にいた王の代理人、メルパラ購入方法ルイス・エルナンデス・デ・ビエドマの、ふたつの日記を主張している。それらの中で、彼らはデ・ソトの旅程を、彼らが出航したキューバのハバナ、彼らが陸沿いに進んだメキシコ湾、彼らが2年目の間に到達した大西洋、彼らがその後すぐに越えた高い山々、そして彼らの旅程にあったその他のいくつかの地理的特徴(大きな川や沼)に関して、合間をあけた記録として記述している。地球の天然の地理はデ・ソトの時代から変化していないことを受け、現代の地形学的知識に基づいて分析されたこれらの日記は、デ・ソトの旅程をより細かくしている。

フロリダの1539年から1540年代初頭まで [編集]

1539年5月、デ・ソトは620名以上の隊員と220頭の生き残った馬とともに、9隻の船でフロリダ州のポートシャーロットに上陸した。彼はその地を聖霊にちなんで「エスピリトゥ・サント」と名付けた。船には聖職者、職人、技師、農民、商人が乗っていた。ある者は家族とともに、ある者はキューバから、ほとんどはヨーロッパとアフリカから来ていた。彼らのほとんどはスペインや、彼らの故郷の村の外を旅したことがなかった。

フアン・オルティスと名乗る若いスペイン人が、デ・ソトの港の近くで見つけられた。オルティスは初期のナルバエス遠征の探検でフロリダに来て、カルーサ族の「ウチタ(戦士集団)」に捕らえられていた。このときオルティスの語った「ウチタの酋長のひとり、ヒッリヒグアの娘が、彼女の父親が生きたまま火あぶりにする命令を出した時にオルティスの命を請うた」という真偽不明なエピソードは、ほぼ間違いなくのちのジョン・スミスの吹聴した「ポカホンタス伝説」の原型である。オルティスは監禁と拷問を生き延び、このデ・ソトのスペイン人遠征隊に参加した。オルティスは地方の隅々を知っていて、また通訳としても役に立った。デ・ソト遠征のガイドとして、オルティスは遠征隊のガイドと様々な部族語を使いこなし、重用された。

インディアン奴隷のガイド達は、カルーサ族の村の名から「パラコヒ」と呼ばれ、遠征路沿いの各インディアン部族から徴用された。これらインディアン・ガイドは、ソトと周辺インディアンとのコミュニケーションを助けた。オルティスがスペイン下級貴族のお仕着せを着ることを拒否したため、ソトの部下たちはオルティスをいぶかった。しかしデ・ソトはオルティスに鷹揚で、その結果、「パラコヒ」のインディアン友人たちの間で好きな服を着る自由を彼に許した。もう一人の重要なガイドは、17歳の少年のペリコ(またはペドロ)である。現在のジョージア州出身で、様々な地域のインディアン部族の言語を話し、オルティスと会話することができた。ペリコは1540年にガイドとして携わり、残りの奴隷よりもよく扱われた。

デ・ソトは港を離れて北へ向かい、フロリダの西海岸を冒険して、道沿いのインディアンの待ち伏せと争いに耐えた。彼の最初の冬期の野営地はアパラチー族の首都のアンハイカだった。それは考古学者がデ・ソトの野営の痕跡を確認きた、遠征路上の唯一の場所である。そこは、前のナルバエス遠征隊員が逃亡するためのボートを作っている間に、貴重な馬の肉を食べた「馬の湾」の近くにあると記述された。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

メール星人
メール星人
メール星人
メール星人
メール星人
メル友広場
メール星人
メール星人
メール星人
メール星人
メール星人
メール星人
メル友真面目
メール星人
メール星人
メール星人
- mono space -