プレミアムクラブ

エルナンド・デ・ソトは、メルパラ購入方法多くの若者が富を求めて他の土地へ出て行くエストレマドゥラ州で、つましい生活をする下級貴族の両親の元に生まれた。バダホスとヘレス・デ・ロス・カバリェロスのふたつの町が彼の生誕地と目されている。デ・ソトが幼少の頃いずれの場所でも過ごしたことは確かである。彼は遺志として遺体を、彼の家族の他のメンバーも埋められているヘレス・デ・ロス・カバリェロスに埋めるように要求していた[2]。レコンキスタのすぐ後に続いて、占領者の時代は来た。スペインとポルトガルは、ムーア人が倒された後、軍で名を挙げる機会を乞う若い男でいっぱいだった。西の新しい土地(当時は東アジアと思われていた)の「発見」によって、名誉と富の囁きは貧乏なエクストレマドゥラ人には切実なものであった。

デ・ソトは1514年に最初のパナマ総督のペドラリアス・ダビラと共に新世界へと航海した。勇敢なリーダーシップ、揺るぎの無い忠誠心、そして酋長の拉致と脅迫、虐殺によるインディアンの村々からの物資強奪の策略は、中央アメリカの征服の間デ・ソトのお家芸となった。彼は馬術、戦闘、戦略において名声を上げたが、(現代の視点からすれば)過激な残虐行為でよく知られた。この期間、北アメリカを「発見」したフアン・ポンセ・デ・レオン、太平洋を「発見」したバスコ・ヌーニェス・デ・バルボア(彼はそれをパナマの下の「南の海」と称した)、そしてオリエントへの海を最初に航海したフェルディナンド・マゼランらが、深くデ・ソトの大志に影響を与えた。

最初の遠征 - 南アメリカ [編集]

1528年、デ・ソトはニカラグアのレオンの自治体協議会のメンバーになり、スペインの新世界の財宝を世界で最も裕福な市場・オリエントと交易するため、大西洋と太平洋の間の通路を探すべく遠征隊を率いてユカタン半島の沿岸部を北上した。それに失敗し、さらなる探検をすることもなく、ペドラリアス・ダビラ総督が死んだ後は、1532年のフランシスコ・ピサロの南アメリカとペルーの征服に参加した。

50名の集団とともに、デ・ソトはインカ帝国首都、クスコへつながるインカの道路網を通り、インカの族長アタワルパと友人になった最初の白人となった。

スペインのペルーと南アメリカの征服は、スペイン人たちに部屋一杯の金を身代金として提供する約束をよそに、ピサロによるアタワルパの処刑で完遂した。1536年にデ・ソトがペルーを出発した後に、カルロス1世はピサロにアタワルパを殺した咎で死刑を宣告した。

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

プレミアムクラブ
プレミアムクラブ
プレミアムクラブ
プレミアム倶楽部
プレミアムクラブ
プレミアムクラブ
プレミアムクラブ
プレミアムクラブ
プレミアム(ぷれみあむ)
プレミアムクラブ
- mono space -