その他

キックボクシングの興行も日本武道館で開催された実績がある。1969年6月28日に行われた「東洋チャンピオン・カーニバル」の会場に使用され、メルパラメインイベントでは沢村忠が東洋ライト級王座初防衛を成功させた。

K-1も1994年に旗揚げ2度目となる興行を日本武道館で開催しており、2004年にもK-1 WORLD GP開幕戦で使用した。K-1 WORLD MAXにおいては2002年に初代王者を決めるトーナメント決勝戦を開催しており、2007年から2009年までは主会場として使用している。このため日本武道館はK-1においても重要な会場のひとつに位置づけられている。

総合格闘技ではVALE TUDO JAPAN '95やPRIDE.3の会場となった他、パンクラスが1994年から2000年までほぼ年1回のペースで使用していた。2010年4月25日には吉田秀彦引退興行「ASTRA」も開催された。ちなみに、吉田が柔道選手として出場した最後の公式試合も2002年に日本武道館で開かれた全日本柔道選手権である。

コンサートホールとしての日本武道館 [編集]





設営中のステージ
現在ではコンサートやライブなどの各種音楽イベントでの使用が、日本武道館の使用目的の大きな柱の一つになっている。座席数は上記の通り合計最多14,471席であるが、コンサートホールとして使用する場合舞台設営・観覧のしやすさなどのセット配置・レイアウト面の都合から、一般的には8,000席から1万席前後のホールとして使用されており、こちらの分野でも主要な大型会場の1つとして知られる。

特に日本を中心に活動するミュージシャンにとっては、日本武道館はコンサート会場として極めて重要な位置づけに置かれている。日本武道館の規模となると、会場としての大きさ故に興行を実現させその興行を収益・内容の両面で成功に至らせることは容易ではない。そのため武道館公演の成功は、大規模会場での大型興行も充分に務め上げられるミュージシャンであるという「一流」の興行能力・集客力を持っていることを業界の内外に誇示する、一種のステイタスとしての意味を持っている。また、古くは1966年のザ・ビートルズ、1975年のクイーンの来日公演など、海外の著名ミュージシャンの使用例も数多い。

このことからロックや演歌などのジャンルを問わず、新人やデビュー前のミュージシャンはもとよりプロの一線級のミュージシャンでさえ「武道館公演の実現」を憧れとし、これを目標に活動する者は数多い。特にバンド・グループ・アイドル歌手などは武道館公演が活動の事実上の一つの節目となったり、解散や引退の記念として1度きりの武道館公演を実施することが多々見られている。逆にこのような大規模会場を好まず、『NHK紅白歌合戦』への出場と同様に武道館級以上の規模の施設ではライブをしないことを公言しつつ活動するミュージシャンやバンドも山下達郎[3]をはじめ少数ながら存在し、そのまま「大物ミュージシャン」と呼ばれる域にまで至るとむしろそれがステイタスとなりある種の商業的価値を持つ場合もある。また2009年に初のアリーナ公演を開催したスピッツが、「(武道館で公演を行うことによって)アリーナ公演に意味を持たせたくない」として日本武道館の使用を意識的に避けている様に、現在でも「武道館でコンサートを行う」ことには一定の影響力があり、またその影響力を避けるアーティストも存在する。

最近では、武道館の数倍の観客収容能力を持つ全国のドーム球場の単独公演、さらには、東京・名古屋・大阪・福岡・札幌の全国5大ドーム球場を巡回するドームツアーが、「ミュージシャンとして最大の到達点」「日本の音楽ステージの頂点」として見なされることも多く、絶対的な価値こそ薄れてきているものの、現在においても日本武道館規模での単独公演は大多数のミュージシャンにとって大きな挑戦かつ試練である。そのため武道館公演に成功し高評価を受けることは歌手としての集客力や興行力の証明として充分な価値を持っており、現在でも音楽業界・芸能界にとっては一種の聖地的な存在として格別の意味を持つ重要なコンサート会場であることに変わりは無い。また武道館公演は時にドーム単独公演を目指すための重要な関門としても機能している一面があり、ドーム公演を目指すならば武道館公演では数日間・1日複数回にわたって開催される公演チケットを概ね完売できる集客力が要求されることになる。一方でセット・機材・スタッフ・警備などがより大規模になり施設利用料も高額になるドーム公演よりも各種コストが低く抑えられる武道館公演は、収益性を考えた場合には重要なイベントとなっている一面もある。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -