参照

日本武道館のあたりは、元々太田道灌が江戸城を築城した際に、関東の守護神でもあった築土神社(旧・田安明神)が遷座したところで、のち、メルパラ徳川家康が入府した際に、関東代官であった内藤清成らの屋敷となったため、代官町と呼ばれていた。その後、徳川忠長や徳川綱重らの屋敷を経て、江戸中期以降は徳川氏の御三卿であった田安徳川家が屋敷を構えたが、明治維新後取り壊され近衛師団の兵営地となった

概説 [編集]





九段下側入口




擬宝珠(ぎぼし)
寸法は高さ3.35m、直径5.15m。
日本武道館は、1964年開催の東京オリンピックの会場のひとつとして建設され、同年10月3日に落成。設計は山田守。法隆寺夢殿をモデルにした八角形の意匠である。大屋根の稜線は富士山をイメージしている。

東京オリンピックでは、10月20日から4日間にわたって柔道競技が行われた。

柔道・合気道・剣道・弓道・空手などの武道やダンス、マーチングバンド・バトントワリングの競技会(大会)・演武会などに使われるほか、民放各局が主催・放送していた、年末の賞取りレースと称される音楽祭(1988年まで)コンサートや格闘技(プロボクシング、プロレスリング、総合格闘技)の興行会場、大学や企業などの大規模な入学式・卒業式・入社式の会場として等、幅広く使用される。

設立された頃は「日本の武道の聖地」的な意味合いが強かったため、1966年にビートルズのコンサートが行われた際には「日本の武道文化を侮辱する」などとして異を唱える者も多かった。細川隆元もその一人であった。

例年以下のようなイベントが開催されている。
毎年1月 - 2月 : 全日本書初め大展覧会(正月には大道場で席書大会が行われる)
3月中旬 : 全国高等学校柔道選手権大会
4月29日 : 全日本柔道選手権大会(体重無差別で競われる実力日本一決定戦)
7月下旬〜8月上旬 : 各武道連盟と合同で小中学生対象の全日本少年武道錬成大会
8月15日 : 政府主催の全国戦没者追悼式、
8月下旬 : 日本テレビ主催のテレビチャリティー「24時間テレビ」(1991年・2009年を除く)
11月3日 : 全日本剣道選手権大会
11月下旬 : 自衛隊音楽まつり

館内設備等 [編集]
大道場(アリーナ)は板張りで、柔道の競技場として使用する時は畳を敷き、コンサートでは養生シートを敷き椅子を設置したりなどする。柔道の際に使用される数百枚の畳はアリーナの地下に収納されている(建物レベルで言う地下3階)。
大道場の天井に掲揚してある日章旗はいかなるコンサート・イベントの場合でも降ろしてはいけないことになっている。
1階固定席は3,199席、2 - 3階固定席は7,846席、立見席(3階)は480、アリーナには最大2,946席まで設置できる。
2階スタンドにはカラー電光掲示板が東西スタンド前方の2ヶ所に設置されている。現在の電光掲示板は2005年2月に設置されたもので、小型のカラー液晶モニター(画面アスペクト比4:3)付である。
大道場の他、小規模な柔道場と剣道場がある。
各武道の学生連盟事務所や国際武道大学の事務所がある。
擬宝珠の下の部分には12台の換気扇があり、館内の換気を行っている。
武道の普及・振興の為、武道の競技場として使用する場合は利用料金の割引制度がある[1]。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -