解体前

旧ホールは音響が素晴らしく、メルパラ「残響の長さだけでなく、音がまろやか」等と評価が高い。世界のトップミュージシャンから絶賛され、レッド・ツェッペリンなどもここでコンサートを行った。日本人ミュージシャンでは『音の職人』と称され、音質にとことんこだわる山下達郎がデビュー当初からこよなく愛し続けたほか、さだまさしも数多い大阪での公演はほとんどフェスティバルホールを使用している[1](そのようなこともあってか、さだ・山下の二人は閉鎖直前に立て続け公演を行った)。 中島みゆきもこのホールを愛し、自身最後のこのホールでの公演時には「フェスティバルホールありがとう」と観客やスタッフと共に拍手を贈った。ライブ・アルバムのための録音が行われることも多く、ディープ・パープルの『ライヴ・イン・ジャパン』、マイルス・デイヴィスの『パンゲア』等は世界でロングセラーを続けている。音響設計は、大阪大学産業科学研究所の北村音壱が担当した。音響家が選ぶ優良ホール100選にも選出された。

1階席の奥や2階席が急勾配となっており、ホールにある2,700席の全席からステージがよく見え、音の響きも常に均一である。照明設備は、1983年からコンピュータ制御による調光装置を、音響調整卓も1989年に更新し、より充実されている。また、毎年春に行われている大阪国際フェスティバルには、世界の一流オーケストラやオペラなどが出演している。バレエ公演の関西のメッカでもあり、多くの国内外のバレエ団が公演を行っている。少年隊のミュージカルも毎年公演されている。甲子園球場で、8月に開催される全国高等学校野球選手権大会の組み合わせ抽選会の会場としても使われていたが、改修工事中は大阪府立国際会議場や兵庫県立芸術文化センターで行われる。

建て替え計画 [編集]

朝日新聞社グループは、建物の老朽化を理由に、フェスティバルホールのある新朝日ビルディングを、2009年から解体工事を実施し、2013年に高層ビルとして新築する計画を発表した。このため、当ホールも2008年の年末に一旦閉鎖となり、新しいビル内に現在と同じ2,700席規模の新しいホールを設置する。

しかし、これには反対意見も強く「現在のような音響が実現できるのか」と懸念する者も多い。山下達郎は、当ホールの建て替え計画に際して「ここを壊すのはカーネギーホールやオペラ座を壊すのと同じこと。愚行です」と語り、当会場でのライブが二度と出来なくなるという強い思い入れから、2008年12月〜2009年4月までの久々の全国ツアーを決行し、フェスティバルホールでは、2008年12月17日、18日、27日、28日と、4公演も行った。

なお、ホールだけでも残そうという動きがあり、技術的にも残すことは可能であったが、ホールだけ残す状態で他の施設を解体する場合、ホール周辺の道路を1年間封鎖しなければならず、大阪府と大阪市から道路使用の許可は降りなかったことから、全てを解体することに踏み切った(2009年5月11日 山下達郎コンサート 中野サンプラザ公演より)。

一方で、ホールの老朽化・陳腐化に伴い、近年の関西圏における主だったオーケストラ演奏会やオペラ上演が、フェスティバルホールより諸設備が充実し、ホールの作りもオペラや演奏会向きのザ・シンフォニーホール(大阪市)、滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール(大津市)や兵庫県立芸術文化センター(西宮市)などにシフトしつつあったことから、最新設備を備えた新ホールに期待を寄せるクラシック音楽のファンもいる。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -