観覧方法

すべて入場無料。先着順に整列して入場となる。ただし以下のコンクールでは特定の方法をとっている。年によって異なる場合もあるので、メルパラ公式ホームページやNHKの各放送局で確認したほうがよい。
以下は2011年度のものである。
全国コンクール、関東甲信越ブロックコンクール、青森県コンクール、近畿ブロックコンクール(高等学校の部を除く)、大阪府コンクール(小学校・中学校本選)は往復ハガキによる事前の応募が必要で、当選ハガキがない場合は入場不可となる。
1人で複数枚数の応募は可能となっているが、コンクールや部門によっては、当選枚数の上限が「1人1枚」や、「1世帯1枚」となっている場合もある(公式発表はされていない)。 神奈川県コンクールの小学校の部は一般非公開(学校関係者のみ)となっている。
1日で2部門以上を行う場合、基本的に1つの部門が終了すると会場の準備のため、全員(観客、出場者、関係者などすべて)一旦完全退場となる。 観客数が多い場合は入場制限を行う場合もある。特に1日の出場校数が多い場合や(保護者の関心度が高い)小学校の部、ブロックコンクールになると観客数が多くなるため(地区コンクールや予選は午前と午後で観客の入れ替えがある場合もあるため)、注意が必要となる。 一旦列を離れると、連れがいない場合は最後尾に並びなおしとなる。 近年、児童や生徒への安全性の配慮、、観客席数の都合、収録の都合などから「学校関係者のみ公開」(一般非公開)の制度をとっているコンクールもある。2010年東京都本選(全部門)は、本選の数日前に一般非公開になった。 観客の入退場は自由曲の演奏が終わってから次の学校の課題曲の演奏が始まるまでの間で可能である。演奏中及び課題曲-自由曲間では入場できない。 演奏及びNHKの収録の妨げにならないよう、撮影・音声録音は禁止されている(NHKの収録がない予選でも行っている)。
特徴 [編集]
NHKが主催であるため、コンクールの模様がテレビ・ラジオなど複数のメディアで放送され、参加する児童・生徒にとっては大きな魅力となっている。一方で、放送向けの編集やマイクを通した音響効果の調整などには賛否がある(予選ではマイクを使わないこともある)。 ※株式会社「フォンテック」から全国コンクールの演奏を収録したCDが毎年12月に発売される。ブロックコンクールまでのCDは基本的に一般の人は購入できない。一部は完売している。スペシャルステージ・全体合唱はCDには収録されていない。

各大会によって異なるが、コンクールは本番直前に練習室が数か所割り当てられ、時間がくると舞台そでで待機して本番となる(一部の大会ではリハーサルあり。ブロック大会では東海北陸のみステージで4小節のリハーサルを行う)。移動は担当スタッフに誘導されて動く。
全国コンクールでは、演奏前にその学校を紹介するビデオが流される。この間に演奏校は準備する(舞台上でのリハーサルはない)。
全出場校の発表が終わり審査員が審査をしている間はステージが開放され(ステージ開放)、参加校の児童・生徒が自由に使うことができる(都府県地区コンクールでは、この間に「フリー参加」の学校の演奏をするところもある)。各学校ごとに得意の曲やアカペラ・パフォーマンスを披露したり、代表がその場で話し合って人気の合唱曲を数百人規模で大合唱したりと学生だけでなく顧問や観客まで楽しめる時間である。この時間を通して出場校同士が交流を深めることも多い。全国コンクールの場合、2003年度まではこの模様は放映されなかったが2004年度からは「スペシャル・ステージ」というイベントが催されるようになり、この模様も放映されるようになった。
審査結果の発表順は、主に銅賞から発表される(各地のコンクールによっては金賞から発表される場合もあるほか、演奏順通りにすべて発表していく場合もある。主に最低賞が銅賞の場合は金賞から発表)。全国コンクールにおいて、かつて金賞発表時には受賞校の自由曲のイントロが流されていたのだが現在ではそのまま学校名のみを発表している。近年自由曲の重複が増加しており、声も似ているため混乱防止のためと思われる。
また、審査結果で同一の賞が複数いる場合は、演奏順に発表される。ただ、金賞が複数該当する場合も演奏順に発表されるため、銅賞から発表していった場合、最初の金賞校が呼ばれた瞬間に、最初の金賞校より前の学校は奨励賞が確定してしまう。
全国コンクール(ブロック、一部の都府県地区コンクールや予選でも)の最後は会場の参加者全員で課題曲の全体合唱を行い、全国コンクールのテレビ放送ではその年に参加した全国の学校名が北海道から順に(演奏順に(予選があるところは予選の演奏順に)、一部は金賞から順に)全て流れるようになっている(すべて「高」、「中」、「小」と短縮されている)。会場の一般客も全体合唱に参加してよい。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -