少年倶楽部

NHKのBS放送での音楽番組、『サンデーヤングミュージック』枠の番組のひとつ。出演者であるジャニーズJr.にとって、メルパラレギュラー出演出来る数少ないテレビ番組である。ジャニーズ事務所にとってはテレビ出演の少ないジャニーズJr.などの所属芸能人を宣伝できる格好の場になっているという[1]。CDデビューをしたグループはジャニーズJr.としての出演を卒業し、以後はゲスト扱いとなる。

2000年4月の放送開始当初は、CT-101スタジオでの収録で、毎週日曜日放送の30分番組だった。2003年4月の放送からNHKホールでの公開収録(同時にハイビジョン放送化)に切り替わり、月2回、55分間(本編は53分間)の番組となった。2006年4月からは50分間の放送で、『ザ少年倶楽部プレミアム』とあわせて月3回の放送となる。2011年4月からは45分間の放送となっている(月3回の放送はこれまでどおり)。収録は月に1度NHKホールで2本撮りで行われている。

過去に5回、総合テレビ(地上波)でも本番組が放送された事がある(なお、2009年12月23日の天皇誕生日に放送された「ザ少年倶楽部プレミアム」では通常本番組では行われていない字幕放送も行われた)。総合テレビでは通算5度目の放送となる「ザ少年倶楽部プレミアム」では2010年12月25日の16:00(宮城県と宮崎県はバスケットボールbjリーグの中継のため翌26日に振り替え。但し、音声はBモードステレオではなく、通常のステレオ放送となっている。)にクリスマススペシャルが放送された。

現在の番組タイトルロゴは3代目(2006年4月 - )となっている。ちなみに初代(2000年4月 - 2003年3月)のタイトルロゴは大野智(嵐)の題字によるものだった。「ザ少年倶楽部プレミアム」は2010年3月放送分までは3代目のタイトルロゴを使用していたが、2010年4月放送分より新しいロゴに変更された。

2006年4月から2011年3月まで司会は小山慶一郎(NEWS)・中丸雄一(KAT-TUN)が務めていた。

2011年4月より、Hey! Say! JUMPがローテーションを組んで司会を務めている。主な出演者はA.B.C.-Z・Kis-My-Ft.2・B.I.Shadow・スノープリンス・Hip Hop JUMPなど多くのジャニーズJr.である。NHK大阪ホールでの収録の際には、関西ジャニーズJr.がメインとして出演する。

また、毎回スペシャルゲストとして、ジャニーズ事務所に所属する彼らの先輩や、普段出演していない関西ジャニーズJr.を招く。ザ少年倶楽部独自の企画ユニット舞闘冠は当初ゲストとして扱われていた。また、ジャニーズJr.であるが、Musical Academy、内博貴、関西ジャニーズJr.(大阪収録時を除く)はゲスト扱いになり、生田斗真・風間俊介・長谷川純・東新良和・佐野瑞樹らは一時期出演していたが、現在は出演していない。

ジャニーズ事務所に所属しているタレント以外は出演しないが、2008年10月12日放送分にはサプライズゲストとしてUS5が出演した(ただし、SMAPは『ザ少年倶楽部プレミアム』を含め、一度も出演していない。)。

前番組の『アイドルオンステージ』『ミュージックジャンプ』時代から長らく日曜18時台に放送されてきたが、2010年4月の放送から金曜18時台に移動。

2011年3月14日に、4月放送分の収録が予定されていたが、東北地方太平洋沖地震の影響で中止となった。なお、4月放送分は通常、ラジオ放送番組の生放送・収録に使われているCR-505スタジオでの非公開収録となり、「僕たちのメッセージ」と題して出演者から被災者に向けたメッセージと名曲・過去の名場面を送る構成となった。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -