演奏

2007年3月16日まで14年間にわたって放送された『POP JAM』を継承し、J-POPシーンを賑すアーティストのライブパフォーマンスを中心に構成。最新のヒットナンバーはもちろん、出演アーティストの懐かしの曲も披露される。また、メルパラ期待の若手アーティストも登場する。場合によってはロックや、メタルをやるアーティストもでる。

番組は全編にわたりハイビジョンで制作している。

なお『POP JAM』から引き続き、ホームページにてポッドキャスティングも展開している。また、本放送終了後NHKオンデマンドでも配信され、基本的には全編配信されるが、回によっては著作権・肖像権の関係で一部カットされ、通常の放送時間よりも短くなる場合がある。

また、全国で視聴できるポップス系の音楽番組は2008年度の改編時点でこの番組しかない。これは衛星放送を除き、民放で放送される番組についてはいずれも放送していない地域が存在するため。
演歌系の音楽番組である『NHK歌謡コンサート』についても同じことが言える。
本来はNHKワールドTV(国際放送)用の番組であるが、『J-MELO』と言う音楽番組も総合テレビで放送されている。これは全編英語で構成され、日本の音楽の発信と言うこともありPOP系も含めジャンルにとらわれない構成、また局やジャンルを超えた協力なども行われ、観覧等ではない視聴者参加もある珍しい番組でもある。

収録 [編集]

基本的にはNHKホールで収録されるが、一部スタジオ収録も行う。ただし、トーク部分は原則としてNHKスタジオで収録される。これは旧番組『POP JAM』時代に会場のファンが叫んで視聴者が声を聞き取れないため、このスタイルとなったとされる。(→ポップジャムの項も参照)

なおNHKホールの収録については原則として月1回、月曜日に3回分を収録する[1]。

観覧募集について [編集]

MJの観覧募集についてはインターネットのNHKネットクラブにて行っている。

2000年代中期にNHKの一連の不祥事などによって受信料の不払いが急増したため、現在NHKでは番組によっては受信料を支払っている人に限定して観覧募集することもあるが(『紅白歌合戦』『NHK歌謡コンサート』などでは申し込みの際に契約者番号の提示を要する)、MJでは2010年途中まで受信料支払いの有無を限定せず、誰でも応募可能であった。

番組開始当初は従来通り往復はがきにて募集していたが、2007年度以降、NHKオンラインでWeb応募を導入し試験運用を経て正式導入された。当選者には公開収録の2週間前までに案内ハガキが届くが、落選した場合にも通知メールが送信される。MJ以外にも『ザ少年倶楽部』『オンバト+』などでも同様の手法で募集を行っている。

また、募集告知はこれまでと同様、公開1ヶ月前から『NHKニュース7』前の「NHKからのお知らせ」やNHKオンラインのイベント情報などで行われる。

なお、2010年12月分からは、『ザ少年倶楽部』とともに受信料を確実に払っている世帯しかなれない「NHKネットクラブ・プレミアム会員」でないと収録に参加できないようになっている。これは、NHKネットクラブにおいて正式に発表されている。事務効率化と受信料未払い対策強化に伴い、この方式をとる番組は2010年度以降増えつつある。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -