視聴率

2002年頃まで、同時間帯では首位となる常時20%前後の平均視聴率を記録していたが、それ以降は裏番組の日本テレビ『踊る!さんま御殿!!』やメルパラTBS『学校へ行こう!』(後に『学校へ行こう!MAX』にリニューアル、2008年9月終了)の躍進や、演歌・歌謡界に永らくニュー・ヒーローが生まれてこなかったこともあり、10%前後で推移していた。

ところが2008年以降は、常時15%を超える平均視聴率を記録し、同時間帯では首位に返り咲くなど健闘している。原因としては、ジェロ、秋元順子、清水博正など新しいキャラクターが出現した他、主な視聴層である高齢者の世代交代による嗜好の変化に合わせて60年代や70年代に全盛期を迎えた歌手を特にジャンルはこだわらずに発掘して多数出演させている事が評価されたものと言われている。

企画 [編集]
5月または6月には美空ひばりの持ち歌を、11月には古賀政男が作曲した歌を、それぞれ特集して放送されることが恒例化している。それぞれの生誕月であり、美空の場合は命日にも該当する。
3月末と8月末(繰り上がることがある)には、過去に放送された名場面を集めて放送することが恒例化していたが、2006年および2008年以降は放送されていない。視聴者からリクエストを募った時期もあった。なお、番組の名場面集については、スタジオで事前収録を済ませた後に放送するという形がとられた。
年末(12月28日前後)には過去に放送された『紅白歌合戦』の名場面を放送していた時期もあったが、現在は紅白関連の番組はこの番組からは切り離されて放送されている。
2008年あたりからは、竹島宏・北川大介・山内惠介の男性歌手3人を“イケメン3”(いけめんすりー)として番組限定でユニット化し、随時3人による歌を放送している。単発で企画したところ反響が大きかったために継続され、さらにはシングルCDをリリースするまでに至っている。

歴史 [編集]

1993年、NHKホールからの公開生放送という原点に立ち返るという意図のもと、「NHKヒットステージ」をリニューアルする形でスタート。初代司会は同年3月に終了した人気番組「愉快にオンステージ」の司会陣のひとりでありNHK紅白歌合戦の司会も務めていた堺正章と、当時「お嫁さんにしたい女優ナンバー1」の座に輝くなど中高年を中心に人気を集めていた東ちづるが抜擢された。NHKの演歌・懐メロ系番組で、NHKのアナウンサー以外の人物が司会を務めたことは「花のステージ」終了(1980年4月)以来13年ぶりだった。また、人気ピアニスト・作曲家の羽田健太郎がレギュラー演奏者として起用され、羽田のピアノで名曲を披露するコーナーが設けられていた。

長年、演歌・歌謡曲系公開歌番組枠であった火曜20時から土曜20時へ放送枠が移行したことから放送開始しばらくは視聴率の面で苦戦を強いられた。結果、放送開始から1年後の1994年4月には古巣ともいえる火曜20時枠へ移動。この枠復活が功を奏し、視聴率が上向きになり、番組は安定期に入る。その一方で、体調不良などから、羽田健太郎がレギュラーを降板したが、番組への出演は2004年までゲスト出演という形で続いた。

1995年3月28日の放送回限りで堺正章・東ちづるが降板。1995年4月からは新たに当時NHKアナウンサーだった宮本隆治が司会に就任したが、その結果、わずか2年で司会がNHKのアナウンサーに交代する形となってしまった。堺と東の降板については、番組の方針を巡って堺とスタッフ側で衝突があったと一部スポーツ新聞などに報道された。事実関係は不明だが、降板後の堺の出演(歌手として)は2008年7月1日放送回まで約13年間なかった[5]。なお、降板後初出演となった7月1日には「スタジオパークからこんにちは」へも出演し、本番組出演をアピールし、本番組においても4代目司会の小田切千から「おかえりなさい」と声がかかり、トーク部分も常にマイクが回ってくるという異例ともいえる措置が取られている。その場で堺は「本当はもっとこの番組の司会をやりたかったが、すぐにクビになった」とコメントしていた。一方で宮本はこの番組を足がかりに「NHK紅白歌合戦」や「思い出のメロディー」、「BSにっぽんの歌」といったNHKの音楽歌番組の司会(紅白は総合司会)を務め、NHKの芸能・音楽番組の顔として2007年の退職まで活躍した。

2002年4月、「BSにっぽんの歌」「NHK紅白歌合戦」司会などで、新たな芸能・音楽番組の顔となっていたNHKアナウンサーの阿部渉へ司会を交代。以後この番組の司会はNHKの局アナが担う事になる。また、それまでの司会の宮本は「BSにっぽんの歌」の司会を阿部から引き継いだ。

2006年4月、阿部のNHKニュース7メインキャスター就任に伴い、司会は、やはりNHKの局アナである小田切に交代。また、高齢者の視聴者へ配慮するとして、歌詞テロップのフォントサイズが拡大、さらにステージの脇に司会・歌手席が新設された。宮本・阿部といった過去の司会陣と比べると音楽番組の経験が乏しい小田切の司会ぶりは、画面からもその不安ぶりが見て取れるほど拙いものであり、交代当初は番組視聴者からの批判の声が多かったという。ただ、登板後1年を超えるころから司会ぶりは安定し出し、現在に至っている。

2010年3月30日放送分からはアナログ放送およびNHKワールド・プレミアムにて16:9レターボックス放送を開始している。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -