勝敗

審査員(タレント・スポーツ選手・著名人・俳優・女優など)とNHKホールの観客および地上・BSデジタル放送の双方向システムや携帯電話を利用した視聴者の投票で決定する。審査とその結果の発表方式は回によって異なる。勝敗に関しては、全出場者の歌唱・演奏終了後にそのまま審査に移る形式となっているため、トリの後攻である大トリを取ったチームが大トリ歌手のパンチで優勝してしまう事も多い(場合によっては圧勝になる事もある)。
2003年・第54回から8年連続で大トリを取ったチームが優勝している。(白組は2003年・第54回と2005年・第56回から2010年・第61回、紅組は2004年・第55回)

優勝チームが決まると「○組 優勝!!」の字幕スーパーが画面で大映しにされる。また天井から大量の紙吹雪がステージいっぱいに降る(風船、紙テープは入っていない)。優勝チームの司会者に優勝旗が手渡される。紙吹雪は放送終了(『蛍の光』の場面)まで降り続く。
初期には優勝チームが決まるとステージ中央に吊されたくす玉が割れて、紙吹雪と風船とともに紙テープが降った(大量の紙テープのみもあった)。なおテレビ番組で初めてくす玉・紙吹雪・風船・紙テープの演出を行ったのがこの番組であり、その後のテレビ番組の演出(クイズ番組(MBS『アップダウンクイズ』)等やゲーム番組、その他の歌合戦番組等)の先駆けになった[要出典]。

番組のフィナーレは、一部の回を除き『蛍の光』を全出演者(出場歌手・司会者・審査員)で大合唱される恒例である。例外として、東京オリンピックを翌年に控えた1963年・第14回は『東京五輪音頭』が歌われた。また、2007年・第58回は『蛍の光』とセットという形で、SMAPと槇原敬之のメインボーカルにて『世界に一つだけの花』も全員合唱された。
合唱の指揮者は藤山一郎が死去する前年の1992年・第43回まで務めた(1971年・第22回は岩城宏之が務めたが、総合指揮者として藤山も出演)。藤山は1957年・第8回まで歌手として出場した後、東京放送管弦楽団指揮者として出場しており、番組最多出演記録であった(現在の番組最多出演記録は北島三郎が持っている)。
藤山が死去したため、1993年・第44回から2005年・第56回まで作曲家の宮川泰が務めた。
宮川が死去したため、2006年・第57回以降は作曲家・歌手の平尾昌晃が指揮を務めている。

放送するにあたっては、番組内でのサプライズやトークも進行台本にト書きされており秒単位での進行が行われている。ゲネプロでは代役を立たせる事は(ほぼ)なく、バックバンドやダンサーを含む出演者ら本人及び、照明からセットを含むゲネプロを行い本番同様の綿密な予行演習が連日にわたり実施される。進行に差し支えるような事故があった場合も想定されており、番組内で行われるゲーム等の企画で進行の調整を行っている。

2010年・第61回までの対戦成績は白組の33勝28敗。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -