男女混成

サザンオールスターズやAqua Timezなどなら白組 ソロ歌手としての出場する場合は性別による(白組のサザンオールスターズのメンバーの原由子[紅組]など) 2005年・第56回ではゴリエ(ゴリ)が女装した男性のソロでは初めて紅組で出場した。理由は、実際に歌っているメインボーカルがメルパラゴリエ本人ではなく女性(ジャスミン・アレンとジョアン。ゴリエ本人も若干歌うパートはある)であるため。一方、2006年・第57回に同じく女装スタイルでゴリエと異なり全編自身による歌唱の桜塚やっくんが(本人の強い意向により)紅組での出場が内定したと一部スポーツ新聞に報道されていた(結局落選したため実現には至らず)。 2005年・第56回で和田アキ子が「m-flo loves AKIKO WADA」として白組で登場した。これはメインボーカルのm-floが男性ユニットのためである。 男女のデュエットは基本的に紅組
例外として、1978年・第29回の平尾昌晃・畑中葉子、ヒデとロザンナは白組から出場。 男女混合ボーカルグループも紅組での出場が多い。
ただし、枠が空いている組に振り入れられる場合があるとされる。1972年・第23回の青い三角定規、2010年・第61回のAAAとHYはそれぞれ白組で出場。 ソロ歌手同士の男女デュエットやコラボレーションなどの場合は各々がそれぞれの組の出場歌手として出場する。
1992年・第43回の堀内孝雄と桂銀淑(ケイ・ウンスク)のデュエットや2003年第54回・の女子十二楽坊と錦織健、森山良子・夏川りみ・BEGINのコラボレートなど。 2008年・第59回では、フジテレビ系『クイズ!ヘキサゴンII』から誕生した女性3人組であるPaboが、同じ番組から誕生した男性3人組である羞恥心をメインとしてまとめられ、白組で出場した。 2007年・第58回では、性同一性障害を抱える戸籍上は男性の中村中が紅組で出場した。

労働基準法による制限から、中学生以下の年少の歌手や年少者が含まれるアイドルグループなどは第1部に集中的に出演する。当該の年少者は第2部には応援合戦・アトラクションなどでも出演しない。

選ばれる曲は原則としてそのアーティストのその年のヒット曲または代表曲(過去のヒット曲など)である。その回のテーマに沿った歌が選ばれることも多い。選曲の傾向や例外には次の事例がある。
桜田淳子が本人のヒット曲ではない『セーラー服と機関銃』(薬師丸ひろ子)を歌った(1982年・第33回)。
2000年代後半以降の紅白において演歌歌手は新曲の歌唱を敬遠されがちで、過去のヒット曲が選曲される傾向にあり、なおかつ同じ曲が何度も歌われることも多い。例えば、森進一は1971年のヒット曲『おふくろさん』を2009年まで7回歌っている。

選曲権は基本的に歌手側にはほとんど与えられずに、番組側から歌手側への一方的な押し付け状態となっている。この事を和田アキ子は「(歌唱曲によって衣装が異なってくるため)衣装選びに困る」「新曲を歌いたいのに歌えない」などと批判している。1991年・第42回では新曲の歌唱を番組側に拒否されたHOUND DOGが出場を辞退する事態が起きた。だが、一方で選曲に歌手側の希望が汲まれるケースもあるようで、aikoは2006年・第57回の出場時、紅白スタッフに『瞳』の歌唱を希望したところ、それが叶い歌唱が実現したと発言している。

「歌合戦」と称しているものの、演奏のみで歌わないグループの出場もある。1990年・第41回のG-クレフや2003年・第54回の女子十二楽坊など。

歌の間には応援合戦やアトラクションが行われ、かつてはほとんど恒例というべき出し物もあった。
1970年代、紅組では若手歌手によるラインダンスが、白組では組体操が行われた。
出場歌手への激励や出場を祝福するための電報の紹介が行われていたことがあった。特に昭和基地の南極観測隊からの電報は恒例であった。2002年・第53回以降はそれが電子メールに変化している。
教育テレビや時には民放アニメのキャラクター達が着ぐるみで登場することもある。

その年に逝去した音楽関係者の追悼企画が行われる事もある。

トリは一部の回を除いて紅・白共演歌・歌謡歌手が務めてきたが、2010年・第61回では紅組にDREAMS COME TRUE、白組にSMAPと両軍共にポップス歌手及びグループ歌手がトリに起用された。同年の曲順発表の際に番組側が「昨年、60回のメモリアルを終え、今年は新しい紅白の新しい時代の雰囲気を薫らせたかった。当代を代表する2組にお願いした」「演歌も1年を象徴するヒット曲が生まれるなら考えていく」と説明、並びに今後も基本的にポップス歌手をトリに起用する方針であるとも取れる内容のコメントをしている(2010年12月27日付けの日刊スポーツより)。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -