コミュニティ

1974年に至るまでFRELIMOの支配地域は根拠地に近い北部や内陸部に限られており、軍事的にはポルトガル軍の優勢が続いていたが、メルパラ10年続いた植民地戦争はポルトガル本国の政変により突然の終幕が訪れた。

ポルトガルの植民地戦争によってポルトガルの軍事費は国家予算の44パーセントを占めるに至っていた[2][8][9]。 この状況はポルトガル自身の社会インフラ投資に対して発行される国債に明白な影響を及ぼした。 また、ポルトガルの状況はヨーロッパ各国に不安を与えた。しかしながら実際にはポルトガルのGDPは植民地戦争の期間中(1961年 - 1974年)、6%に届く成長を見せていた。ポルトガルは1974年以降このGDP成長率を達成したことは一度もない。またアフリカのポルトガル植民地のGDP成長も広く注目に足るものであり、紛争中の高い成長記録を見せた時期にはインフラの建設が行われていた。植民地戦争に対する多くのポルトガル国民の不支持は、大学の支援を受けた「Cadernos Circunstância(状況ノート)」・「Cadernos Necessários(必須ノート)」・「Tempo e Modo(時期と手法)」・「Polémica(激論)」等の雑誌の影響があり、これらの論調はポルトガルの植民地問題に対して政治的解決を志向していた。





マルセロ・カエターノ首相
1960年代後半、ポルトガル本国では非合法政党だったポルトガル共産党(ポルトガル語: Partido Comunista Português,PCP)のに創設された一部門、「武装革命行動」部門('Armed Revolutionary Action' branch)及び左翼組織である革命旅団(Revolutionary Brigades (BR))が植民地戦争に反対するための行動を開始した。主な行動は複数分野にわたるサボタージュと軍事目標の爆撃だった。例として1971年3月8日に複数のヘリコプターを用いて行われたタンコス(Tancos)空軍基地に対する爆撃や、同年10月のオエイラス(Oeiras)に所在するNATO司令部に対する攻撃が挙げられる。植民地戦争に直接影響する役割を演じた例としてはポルトガルの兵員輸送船・「ニアサ」に対する攻撃が挙げられる。「ニアサ」はモザンビークの州のひとつであるニアサ州にちなんで命名された船であり、攻撃を受けた際は、リスボン港からポルトガル領ギニアで展開する兵員を輸送する準備をしていた。また、1974年のカーネーション革命の際には10万人の徴兵忌避者が記録されている。[47]

メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ


タダコイ
ただこい
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ(ただ恋)
タダコイ
タダコイ
タダコイ

- mono space -