低迷期

1999年のアルバム『Rainbow』を最後にソニー・ミュージックを離れEMI傘下のヴァージン・レコードに移籍。史上最高クラスの8000万ドル(当時約128億円)もの契約金が話題となった。しかし精神的・肉体的にトラブルを抱え、メルパラ2001年にはテレビの生放送番組でストリップまがいのパフォーマンスをして顰蹙を買う。

同年、半自伝的な初主演映画『グリッター きらめきの向こうに』が公開されるが、興業的には失敗に終わる。そのサウンドトラックアルバムは映画の失敗、多すぎるゴシップや発売日(9月11日)がアメリカ同時多発テロ事件と重なったなどの不運もあり、低調なセールスに終わった。結局EMIからはこの1作だけで契約を打ち切られ、「リストラの一環」という不名誉な話題となった。しかし、契約打ち切り金として2800万ドル(当時約30億円)が支払われ、一瞬で得られた最多報酬としてギネスブックに掲載されている(日本では契約の関係上『Glitter』もソニーから発売され、東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)からは1枚もリリースされていない)。同曲のサウンドトラックからシングルカットされた「Loverboy」はビルボードのシングルセールスチャートで年間No.1を獲得している。

ほどなくしてアイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループ(Island/Def Jam Music Group、ユニバーサルミュージック傘下)とレコード契約を結び、2002年にアルバム『Charmbracelet』をリリースした。同年12月にプロモーション来日している。

再ブレーク(2005-2008) [編集]





大成功を収めたツアーコンサート「アドベンチャーズ・オブ・ミミ」のステージでダンサー達と(2006年8月7日、フロリダ州タンパ)
そして2005年、アルバム『The Emancipation Of Mimi』を発表。1997年頃からの囁くような歌い方に加えて全盛期並みの高音が復活し、彼女の新境地を開いた。ファーストシングルの「イッツ・ライク・ザット」がヒットし、続くセカンドシングル「ウィ・ビロング・トゥゲザー」が通算14週1位を獲得、年間売り上げNo.1シングルとなり、サードシングル「Shake It Off」も6週連続2位(その時の1位は「ウィ・ビロング・トゥゲザー」であった)と大ヒット。アルバムはシングルの「ウィ・ビロング・トゥゲザー」と共に2005年の全米年間セールス1位、全世界で売上約1000万枚を超える特大ヒットとなり、「The Return Of The Voice」と形容されるほどの劇的な大復活を遂げた。アメリカン・ミュージック・アワード1部門、グラミー賞3部門など数多くの賞に輝いた。この復活を受け、マライアの第二期黄金時代に突入したとも言われている。

11月には同アルバムに新曲やDVDを加えた『Ultra Platinum Edition』を発売した(日本では2006年1月に国内盤を発売)。4thシングル『Don't Forget About Us』も2週連続1位となり、同年2曲以上の1位を獲得した唯一のアーティストとなった。

2005年9月8日には、ニューヨークで開催された『FASHION ROCKS 2005』に出演。

そして、2005年-2006年でのカウントダウンイベントNew Year's Rockin' Eve 2006では、ニューヨークのタイムズ・スクエアでライブを行なった。この模様は全米のお茶の間に向けて生中継された。 なお、一人の歌手がニューヨークの象徴であるタイムズ・スクエアで、およそ100万人のファンの前でライブを行うのは、34年間の番組史上初めてのことであった。

2008年4月、アルバム『E=MC²』をリリース。先行シングル「タッチ・マイ・ボディ」はBillboard Hot 100で1位を獲得した。これで彼女のビルボードでのシングル1位獲得は18曲目となり、エルヴィス・プレスリーの記録に並んだ。これはビートルズの20曲に継ぐ歴代2位のタイ記録である。同時期に、アイランド・デフ・ジャムとの再契約を発表した。

さらに、『グリッター きらめきの向こうに』以来、映画から離れていたマライアの本格的映画出演が再び始まった。2008年のトライベッカ・フィルム・フェスティバル(Tribecca Film Festival)では、ハル・ベリーのオスカー受賞作となった映画『チョコレート』のプロデューサーによる作品『Tennessee』が招待作品となっている。その作品でマライアは初めてカントリーソングを披露した。

2008年9月5日にニューヨークで開催された、『FASHION ROCKS 2008』に出演。

2008年11月、モナコで開催されたWorld Music Awardsにて、ソロアーティストとして全米No.1獲得数が歴代1位になったことからSpecial Achievement Award(特別功労賞)を受賞した。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -