マイケル

ビートルズはアマチュア時代、数多くのアーティストの曲をカバーしているが、ビートルズがもっとも曲数を多く取り上げたアーティストはチャック・ベリー。ジョン・レノンはメルパラ「ロックンロールに別の名前を与えるとすれば、それは『チャックベリー』だ」とまで言っている。後年ジョンがチャック・ベリー本人と競演した際にはダックウォークを披露して見せた。最後に加入したリンゴも「みんな同じレコードを持ってた。チャック・ベリーのだ」と発言している。
まだ人種差別が強く残っていた60年代、黒人アーティストへの敬意を公の席で初めて語った白人アーティストがビートルズ。スモーキー・ロビンソンは「ブラックミュージックへの敬意を公に語ってくれた初の白人アーティストだった」と語り、B.B.キングは「私のことを初めてほめてくれた有名人はジョン・レノン」と語っている。
現在、ポールとジョージ・マーティンはナイトの称号を授与されている。また、ジョージ・ハリスンは故人であるが、この称号が授与されるかが現在議論されているとのこと。
ビートルズの解散に関する逸話に、応援するサッカークラブの違いがある。ビートルズが拠点としたリヴァプールには、リヴァプールFCとエバートンFCの2つの強豪チームが存在するが、ポールはエバートンを他の3人はリヴァプールを応援していたそうである。ただ、ジョンとポールは一緒にリヴァプールの試合を観戦したという記録も残されている。
かつて幼児番組『ひらけ!ポンキッキ』の一部コーナーで「プリーズ・プリーズ・ミー」、「プリーズ・ミスター・ポストマン」、「ベイビー・イッツ・ユー」、「ホエン・アイム・シックスティ・フォー」、「愛こそはすべて」、「ワン・アフター・909」、それにウイングスの「心のラヴ・ソング」「ハイ・ハイ・ハイ」などがアレンジされてBGMとして用いられていた。
幼児番組のピンポンパンでは、「オール・トゥゲザー・ナウ」の歌詞をオバケの歌に換骨奪胎して(オバケのアニメーション付きで)放送していた時期がある(1975年〜1976年頃)。
NHKの「みんなのうた」では「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」「オール・トゥゲザー・ナウ」の2曲に独自の日本語詞を付け、放送していた時期がある(但し後者には「さぁ、みんなで」という独自の邦題が付けられていた)。しかし、現在では彼ら自身の楽曲を英語以外の言葉で歌うことは禁じられている[138]。
ソビエト連邦ではロック音楽を資本主義による精神汚染とみなし、ビートルズの流行は西側からソ連国内の自由化を図るプロパガンダ工作の一種ととらえたため、そのレコード発売には政府からの許可が下りなかった。しかし、西側諸国からの輸入盤や、地下で翻訳されたロシア語版のカセットテープなどが販売され、当時の多くの若者に親しまれた。2003年にポールが行ったロシアの首都モスクワ・赤の広場でのコンサートでは、その編集映像にセルゲイ・イワノフ国防相(1953年生まれ)のインタビューが収録された。イワノフは10代の頃からのビートルズファンと自己紹介し、「バック・イン・ザ U.S.S.R.」も演奏されたコンサートにもプーチン大統領と伴に来場した。 ポールのこのコンサートは「ライブ・イン・レッド・スクエアー」という題名で、ロシアでは初めて大成功した外国人アーティストのコンサートとなった。
音楽雑誌『THE ROLLING STONE』1969年9月号に、ビートルズが同年2月から5月(アルバム『アビイ・ロード』セッションが始まる直前)に『ホット・アズ・サン(HOT AS SUN)』というタイトルのアルバム・セッションを行ったという記事が掲載された。曲名まで詳細に記述された記事だったが、後に誤報と判明している。だが、このアルバムの存在を信じて疑わないファンは多く、同タイトルのブートレグは70年代から現在に至るまで数多く発表され、今や一種の伝説と化している。
ビートルズはブートレグ(海賊盤)のタイトル数も群を抜いている。その中の有名ベスト盤『αΩ(アルファ・オメガ)』(vol.1&2 各4枚組)の好セールスが公式ベスト盤『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』、『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』の発売のきっかけとなったと言われている。また最近では、(英オリジナル アナログ盤ジャケット仕様他の)ロシア製紙ジャケットCDも話題を呼んだ。
EMIスタジオの駐車場が狭かったため、メンバー全員がミニクーパーを所有していた。また、ポールは一時期スタジオのすぐそばに住んでいたため、自宅からサンダル履きでスタジオに向かったこともしばしばあった。『アビイ・ロード』のフォトセッションでは実際にサンダルを履いて横断歩道を渡るカットもある。
ペニー・レインの曲が作られた際、"Penny Lane"と書かれた看板は盗難防止の為取り外され、替わりに建物に書かれた。
2007年にはビートルズのアルバムの切手が限定でイギリスから発行されたがまもなく完売した。
1964年、ビートルズが「抱きしめたい」をリリースした際にはアメリカではあまりのレコードの売り上げの早さにレコード会社が生産に追いつかず、他社にプレスを依頼したという。
ビートルズのレコードの売り上げによりEMIは潤い、一部はX線CT(CTスキャン)の開発に投入された。その結果、X線CTはビートルズの遺した偉大なる遺産ともいわれる。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -