ブライアン

ポールの提案[126]による『ゲット・バック・セッション』が1月3〜31日に行われた。このセッションは「新アルバムのレコーディングに加え、メルパラスタジオでのセッションをすべて撮影し、その模様をドキュメンタリーにして放送、そして新曲を引っさげライブ活動を再開する」という、単に1つのアルバムを作るだけではないプロジェクトとして企画された。撮影されたフィルムは後に編集され映画『レット・イット・ビー』として公開されることになる(詳細はゲット・バック・セッションを、30日の「ルーフトップ・コンサート」は当該項目を参照)。しかし、セッションで収録された音源をメンバーは気に入らず[127]、終了後にその音源を使って制作されたテスト盤『ゲット・バック』は、結局公式にリリースされる事は無かった。その後、アビイ・ロードの制作が開始されたため、この時点ではこのセッションはお蔵入りとなってしまう。その後、録音された楽曲に興味を失ったグループがこのプロジェクトを完全に放棄するという事態に見舞われたものの、アップルがこのプロジェクトに大量の投資をしていたことから楽曲を廃棄するわけにもいかず、結局ジョンやジョージらの依頼によりフィル・スペクターがプロデュースを担当。アルバム『レット・イット・ビー』(映画『レット・イット・ビー』のサウンドトラック)としてアルバムが完成(商品化)した。映画の公開にタイミングを合わせた事もあって[128]、発売はレコーディングから丸1年以上経ってからになった。一方、『アビイ・ロード』は従来通りメンバーとジョージ・マーティンがアビー・ロード・スタジオで制作した作品であり、完成した翌月にはリリースされた。

この件について、リンゴは、世の中がどれ程よじれているかが分かる出来事だと述べている。また映画については、自分なりジョンやポールなりが編集した方がずっと面白いものが出来ただろうと論評している[128]。

解散とその後のメンバーの関係

1970年4月10日、ポール・マッカートニーはイギリスの大衆紙『デイリー・ミラー』でビートルズからの脱退を発表し、同年12月30日にはロンドン高等裁判所にアップル社と他の3人のメンバーを被告として、ビートルズの解散とアップル社における共同経営関係の解消を求める訴えを起こした。翌1971年3月12日、裁判所はポールの訴えを認め、他の3人は上告を断念したのでビートルズの解散が法的に決定された(解散についての詳細はビートルズの解散問題を参照の事)。

解散後、4人は各人が中心となって音楽活動を行っており、1995年に開始された『ザ・ビートルズ・アンソロジー』までは、再結成或いは任意のメンバーが組んで継続的なバンドやユニットを結成するといった動きは無かった。ただし相互の作品の参加や主催コンサートへの出演などは実現している(1971年以降を参照)。

解散直後には、1971年のジョンのアルバム『イマジン』収録の「眠れるかい」などに代表されるように、ジョンとポールの2人がお互いのソロ作品の中で痛烈な非難を繰り広げている。さらにジョンは、同じく当時ポールと不仲となっていたジョージをもレコーディングに誘い、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』や「イエスタデイ」、ソロ・デビュー曲「アナザー・デイ」までをも持ち出して、ポールの事を辛辣に皮肉っている(具体的な内容については「眠れるかい」の項を参照のこと)。しかし、年月を経るにつれ、そういった行為は次第に収まっていき、1980年にはジョンが「3人を今でも愛している。彼らが自分の人生の一部を占めている事は事実だ」と述べている[129]。ジョージは「ビートルズの中で良い事も悪い事もあったが、結局は同じ。自分が引き起こした事だった」、ポールも「たとえ何が起きようとも、自分たち4人は固く結びついている」[129]とそれぞれ述べている。

なお、リンゴだけは、解散以後も他の3人のメンバーとの良好な関係を保ち続け、ジョン、ポール、ジョージともにリンゴのソロ・アルバムのレコーディングに関わっている。1973年リリースのアルバム『リンゴ』ではテープの上だけではあったが4人が同じ新作アルバムの中で演奏した。収録曲「アイ・アム・ザ・グレイテスト」(作者はジョン)ではジョン、ジョージ、リンゴが一緒に演奏している(ベースはクラウス・フォアマン)。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -