ローマ教皇庁

ビートルズのコンサート・ツアー(公演旅行)は、メルパラ1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークでのコンサートを以て終了した[111]。これ以降、ビートルズとしての公演旅行は行っていない[112]。

まず1965年の段階でスケジュールの過酷さに不満が募ってきていた事はリンゴやジョージがコメントしており[113]、メンバーの体調面や私生活の破綻が懸念されるようになっていく。加えてメンバーがコンサート自体の出来に不満を感じ始める様になっていた。当時は演奏者が自分やバンドの演奏音を確認する為のモニターシステムが不備であり、ファンの絶叫に打ち消されて自分の音さえも確認出来ないという状態だった。一方でPAも当時は満足なものが無く、観客に演奏が届きにくかった。例えば1965年8月15日のシェイ・スタジアム公演を含むアメリカ公演旅行では、スタジアムでの使用の為に特注の100ワットのアンプが用意されたが、それ以前は30ワットを使っている[114](ちなみに、世界で最も大きな音量を出すバンドとして1973年にギネス・ブックに掲載されたディープ・パープルのPAは、最大25600ワットの出力が可能だった[115])。こういった機材面の問題に加え、観客が音楽を聴いていない事もメンバーは不満に感じ始めていた[116]。ジョンに至っては、ビートルズのコンサートは音楽とは関係無いとまで発言している[117]。さらに演奏旅行はメンバーや関係者の身の安全にも影響していった。日本公演では、武道館で演奏する事で反発が生じて大掛かりな身辺警護が実施され[118]、その後のフィリピンでの出来事や8月のアメリカでの騒動など、人命をも脅かす事件が連続して起こっている。メンバー達のコメントによれば、こうした一連の出来事によって鬱憤が増大の一途を辿り[119]、公演中止に至った。なお、フィリピン公演の後に立ち寄ったインドで、ブライアン・エプスタインはジョージの「来年もツアーをやるのか?」という質問を受け、1967年は公演旅行を行わない事を決定している[117]。さらに1967年8月、ブライアン・エプスタインが死亡してマネージメントの構造自体が変質した(詳細はアップル・コアを参照)事もあって、演奏旅行再開は実現しなかった。

こうした反面、ビートルズはスタジオでの創作活動に意欲を振り向け始め、ライブでは実現困難な作品も手がけ始めた。すでに1965年の『ひとりぼっちのあいつ』や1966年の『ペーパーバック・ライター』など、ボーカル・ハーモニーのライブ再現が難しい[120]曲が発表されていたが、公演旅行終了後初めてリリースされた1967年のオリジナル・アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は制作に半年[121]が費やされ(初期のアルバムは12時間で録音した[122])ライブでの再現を前提としないスタジオワークの技術が組み込まれた[123]。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -