メルパラ

最初の変化はイギリスで起こった。ホリーズに在籍していたグラハム・ナッシュの発言によれば[82]、メルパラビートルズ以前のイギリスの芸能界はロンドンが中心で、地方とは分け隔てされていた。それをリバプールのバンドであるビートルズが突破して市場の勢力が一変し、その結果、マンチェスターのバンドであるホリーズにもチャンスが巡ってきたという。

次の変化はアメリカで起こった。1963年まで、イギリスのポップ・グループの曲がアメリカのビルボードで1位になる事はほとんどなかった。唯一の例外はトーネイドス(The Tornados)の「テルスター(Telstar)」で、それも2作目以降はヒットを持続させていない。しかし1964年初頭、キャピトルが初めてリリースしたビートルズのシングル「抱きしめたい」がビルボードで1位となった後、4月4日には上位5曲をビートルズが占め、翌週の11日にはビートルズの曲14曲が100位以内にチャート入りするという事態が生じた[89]。このビートルズの人気によって障壁が打ち破られ[90]、この後、イギリスの多くのバンドがアメリカに進出を始める。ローリング・ストーンズやアニマルズ、キンクス、デイヴ・クラーク・ファイヴ、ハーマンズ・ハーミッツ、ザ・フー、ピーター&ゴードンなどが進出したこれらの一連の流れは「ブリティッシュ・インヴェイジョン」と呼ばれている[90]。この状況に対し、ファン層が異なっていた[91]モータウンを除いて、当時のアメリカ側の音楽関係者の多くは対応策を迫られ、状況の分析と打開に向けて動き始めることになった[92]。

ビートルズへの影響

ジョージは、メンバーが聴いた音楽は好悪の別なく全てビートルズの音楽に影響を与えていると述べており[93]、ジョンは、ビートルズ成立の原因を考え始めたら、通っていた学校や住んでいた伯母の家の棚に並んでいた書籍まで関係すると述べている[94]。したがって本節は、本人たちが特にコメントしているもの等を代表例として挙げている。
デビュー以前

1950年代に活躍した先駆的ミュージシャン達にはメンバー各人がアマチュア時代から影響を受けたと述べている。中でもエルヴィス・プレスリー、リトル・リチャード、チャック・ベリーの3人から影響を受けたというコメントが多い。それ以外にもカール・パーキンス、ジェリー・リー・ルイス、チェット・アトキンス、ファッツ・ドミノ、ジーン・ヴィンセント、バディ・ホリー、エディ・コクラン等の影響があったと述べている[95]。なお、ビル・ヘイリーのロック・アラウンド・ザ・クロックについては意見が別れており、ポールとジョージとリンゴが気に入っているのに対し[96]。ジョンはあまり強い印象を感じなかったと述べている[97]。
デビュー以後

デビュー後の早い時期に影響を受けたのはボブ・ディランで、1964年1月のフランス公演の際に現地のDJからフリーホイーリン・ボブ・ディランを手に入れ、それ以来ずっと聴き続けたという[98]。同年行われた第2回アメリカ公演旅行で本人と対面した時は全員が「デビュー・アルバム」を持っていた。特にジョンは強く傾倒しており、1965年に発表された「悲しみはぶっとばせ」を自分のディラン時代の作品だと述べている[99]。「ノルウェーの森」を始め、ビートルズにインド音楽の影響が表れたのはジョージがラヴィ・シャンカルのレコードに影響された事がきっかけとなっている。さらに上記の通り『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』はザ・ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』の影響を受けている。

日本公演





日本公演が行われた日本武道館




日本武道館の内部
ビートルズの日本公演は1966年に催行されている。

6月29日に訪日。公演は6月30日および7月1日・2日[100]。7月3日に離日。会場はすべて東京都千代田区の日本武道館大ホールで。地方公演は行っていない。司会を務めたのはE・H・エリック。前座として尾藤イサオ、内田裕也、望月浩、桜井五郎、ジャッキー吉川とブルーコメッツ、寺内タケシとブルージーンズ、ザ・ドリフターズ(6月30日・7月1日のみ)が舞台に上がった(この前座バンドについては後にポールが「ハロー・ビートルズ、ウェルカム・ビートルズ、といった歌が聴こえて来た。音楽性は高く評価出来ないがそういう歓待は嬉しかった」と発言している[101])。

しかしその一方で、日本武道館という場所でポップ・ミュージックを演奏する事について批判する者が存在した。街宣車や「Beatles Go Home」と書かれた横断幕の前で街頭演説をする者が現れ[102]、さらに実際にビートルズ側に対して脅迫する者もいた[101]。この為、警視庁は大規模な警備体制を取り、会場内においても1万人の観客に対して3千人の警官を配備し監視を行った[101]。またビートルズ自身も行動が著しく制限され、分刻みのスケジュール厳守および外出の禁止などの措置がとられた。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -