音楽的評価

ビートルマニアに代表される様に、デビュー当初はアイドルグループとして受け止められる傾向が強かったが、その時期に於いてもメルパラ音楽性の評価はなされていた(ウィリアム・マンがタイムズ誌で絶賛する一方、ラジオ司会者のブライアン・マシューが批判するなど賛否両論だった[81])。

先輩格の同業者では、ジェリー・リー・ルイスが才能を認める発言をしており、ザ・ビーチ・ボーイズのカール・ウィルソンは「抱きしめたい」のファンだったと述べている。またビートルズの勢力拡大に脅威を感じたブライアン・ウィルソンがメンバーとミーティングを開き、ビートルズに市場を乗っ取られると訴え、自分達の在り様を変化させる事を提案した[82]。なお、後年リリースした『ペット・サウンズ』は、逆にビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に影響を与える事となった[83]。

後輩格の同業者からのビートルズに関するコメントを挙げてみると、トム・ペティはビートルズを神からの贈り物と称し、ジャクソン・ブラウンは天才的で演奏の腕も一流だったと述べている。そして両者ともビートルズがポピュラー音楽を変容させた点を挙げており、ボノもビートルズから前進する事を教わったと述べている。またオジー・オズボーン、グラディス・ナイト、ブルース・スプリングスティーンなど、様々なジャンルのミュージシャンもビートルズのファンだった事を打ち明けている。なお、バーズはイギリス進出の際「ビートルズへのアメリカからの解答」といった宣伝文を使っていたが、ロジャー・マッギンによれば、それは『無節操なプロモーターの勝手な決断』であり、デヴィッド・クロスビーも、自分達とビートルズでは格の点で比べ物にならないと述べている[82]。

1967年にリリースされた『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は、音楽的な評価がこれまで以上に高く、それまでビートルズを批判していた者或いはビートルズを無視していたシリアス音楽の側にいる者たちにも好評で、ポピュラー音楽そのものを変革した作品と評された[84]。

なお、リンゴの発言[85]によれば、1966年〜67年頃のバンドは、ほぼ全てビートルズの影響を受けており、それらのプロデューサーは多かれ少なかれ自分の担当するバンドの音をビートルズに似せようとしていた。

オリジナル曲を優先する傾向

ビートルズのレパートリーは、オリジナル曲とロック/ポップスの有名曲のカバーの両方で成り立っているが、バンド活動期間中にイギリスでリリースされた22枚[86]のシングルは全てメンバー自身によるオリジナル曲である。これはデビュー時である1962年頃のイギリス音楽産業界の常識からは逸脱していた。当時はプロデューサーと版権業者と音楽作家の連携によって業界が成り立っており、ジョージ・マーティンも、そういった業界のしきたりをビートルズに教えている[87]、ビートルズ以前に数多くの全英チャート1位を獲得したバンド「クリフ・リチャード&シャドウズ」なども、その多くが外部の音楽作家の作品で、ディッキー・プライド(Dickie Pride)やビリー・フューリー(Billy Fury)といった当時の人気歌手も同様だった。ビートルズも当初はジョージ・マーティンの発案で外部の作家による「ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ・イット」をデビューシングルとして出す予定だったが、メンバーは自分達で作った曲によるシングルのリリースを頑として主張し[87]、結果として「ラヴ・ミー・ドゥ」でデビュー。以降、解散までそれが続いた。この、自作曲を優先するという傾向は、ビートルズ以降のイギリス音楽産業界に次第に浸透していく事になる。その最も代表的な例が、ビートルズより少し遅れてデビューしたローリング・ストーンズであり、キース・リチャーズとミック・ジャガーがそれまでの既成曲を優先して演奏する方向を変え、オリジナル作品を作るようになったのは、ビートルズのメンバーから作曲について直接アドバイスを受けたからだった[88]。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -