作曲

ジョンとポールが主に作詞作曲を行なう。またジョージやリンゴも次第に作詞作曲を行なうようになる。

オリジナル曲の作詞作曲の多くはジョンとポールの共作としてクレジットされている(詳細はレノン=マッカートニーを参照)。彼等の作品は全米、全英ともNo.1になった曲が最も多く、『ギネス・ワールド・レコーズ』には最も成功したシンガー・ソングライターとして記載されている。 かつては、クレジット通りに2人で共作した曲はそれ程多くはない(二十数曲程度)と考えられてきたが、後年ジョン・レノンはインタビューでこれを否定していて、ポールも自伝「メニー・イヤーズ・フロム・ナウ」で多くの曲が共作であったと言明している。「ザ・ビートルズ・アンソロジー(日本語版)」P94のポールのコメントによれば、プリーズ・プリーズ・ミーはジョンがメイン、P.S.アイ・ラヴ・ユーはポールがメイン、フロム・ミー・トゥ・ユーは半々、と様々なパターンが存在する。また同頁によれば、共同の作者として発表していくことは早い時期から決まっており、レノン=マッカートニーという序列はミーテイングの上で決定した。ただしアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」など初期にはマッカートニー=レノンという表記も存在する。また「イエスタデイ」などポールがメインの作品の場合にマッカートニー=レノンという表記を使用する事も考えられたが、実現はしていない。

上記の様に、ビートルズ結成当初から、どちらか一方がたとえ単独で作った曲でも、クレジットは「レノン=マッカートニー」、または「マッカートニー=レノン」と連名にする約束が取り交わされていた。このことは後のいくつかの法的争いの元凶ともなる。1969年にジョンがプラスティック・オノ・バンド名義で発表した「平和を我等に(原題・Give Peace a Chance)」の作詞作曲も「レノン=マッカートニー」とクレジットされている)

レノン=マッカートニー作品以外のビートルズの公式発表曲(オリジナル曲)には、ジョージの作品が21曲、リンゴの作品が2曲、レノン=マッカートニーとリンゴとの共作が1曲、全員の共作1曲が含まれている。『ビートルズ・アンソロジー』のシリーズには、ジョンとジョージとの共作のパターンも存在する。

セッション・ミュージシャン

メンバー以外のミュージシャンもレコーディング・セッションに招かれている。メジャーデビューに関わる例では、セッション・ドラマーのアンディ・ホワイト(Andy White)が、デビュー曲となった「ラヴ・ミー・ドゥ」のレコーディングに参加している。ただしこれはメンバーの意向ではなくプロデューサーのジョージ・マーティンの判断によるもの[71]。メンバーの自主的な判断による参加ミュージシャンとしては、「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」でリードギターを弾いているエリック・クラプトンや、「レボリューション」でのニッキー・ホプキンスのエレクトリックピアノが挙げられる。番外編的なものとしては、プロデューサーのジョージ・マーティンが「イン・マイ・ライフ」のクラシカルなピアノの間奏を担当。また、ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズが「ユー・ノウ・マイ・ネーム」においてサックスで演奏に参加している。映像記録が残っている例では、アルバム『レット・イット・ビー』のセッションにエレクトリックピアノやハモンド・オルガンなどでビリー・プレストンが参加している。ただしこうした外部ミュージシャンの参加はプレストンを除きクレジットされていない。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -