ジョージ

パーロフォンからレコード・デビューした1962年10月の時点で、メルパラ上記のように「ギター×2、ベース、ドラムス」が基本的な楽器編成だった。

録音は当初(基本的に)一発録りだったので収録は此の「ギター×2、ベース、ドラムス」が大勢を占めていたが、レコーディング技術の発達により多重録音が可能になると、アルバム『Help!』でポールがベースに加えてリードギターを担当するといった様に流動的になっていく。「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」など 中期から後期の作品で、ポールが主に自作曲でピアノを担当する時は、ジョンがベースを担当する曲も存在する。例えば「レット・イット・ビー」では、ジョンがバリトン・ギター(ギターより1オクターブ低い6弦楽器。6弦ベースとは異なりギターに近い)を演奏している(レコードのヴァージョンはシングル、アルバムともポールが差し替えたとの説もある)。他、1968年のリンゴの脱退騒動[65]に絡んで「バック・イン・ザ U.S.S.R.」と「ディア・プルーデンス」、それとは別に「ジョンとヨーコのバラード」のドラムスはポールが演奏している。その他、曲によってはメンバー各人がパーカッションを演奏している。ジョンのサックス[66]などのパターンもある。

ボーカル

4人全員がいずれかの曲でボーカルを担当しているが、基本的にはジョンとポールの2人がリード・ボーカル(メイン・ボーカル)を担当する事が多い。「シー・ラヴズ・ユー」「抱きしめたい」などでは、ジョンとポールの二人のうち「どちらがリード・ボーカルのメロディーなのかわからない曲」や、「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」などのように「1曲の中でソロパートとして、2人が歌い分ける曲のパターン」、また「エイト・デイズ・ア・ウィーク」「デイ・トリッパー」などのように「最初はジョンやポールがリード・ボーカルだが、いつの間にかハーモニーやバックコーラスに回り、リード・ボーカルが交代してしまうパターン」などの形態がある(これらは主に二人の声の高低をカバーしたことに起因する)。ジョージは主に「サムシング」や「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」、「タックスマン」等の自作曲でボーカルを担当。リンゴは「イエロー・サブマリン」や「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」など、比較的コミカルな曲でボーカルを担当している(これは両曲のメイン作曲者であるポールが、リンゴにはシリアスな曲は似合わないと考えたため[51])。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -