ハンブルグ

デビュー曲は「ラヴ・ミー・ドゥ」で英国で1962年10月5日にリリースされた。ミュージック・ウィーク誌(Music Week)のトップ50では1962年12月27日付けで最高位17位となっている[20]。

ビートルズのデビューが決まり、メルパラ曲を録音する段階で、ジョージ・マーティンは誰をメイン・ボーカリストにするか悩んだという。当時は特にリズム・アンド・ブルース系やドゥーワップ系のグループなどでは、「リード・ボーカリスト&バックコーラス、又は、リード・ボーカル・ウィズ・バックバンド」という形式が多かったためである。その他、スターを1名プッシュして売り出すという目的もあった。マーティンは当初はポールをリード・ボーカルとして押し出すつもりであったが、結局ジョンとポールの2人を押し出すことに決定した。

1963年

1963年1月11日にリリースされた英国での2枚目のシングル「プリーズ・プリーズ・ミー」がメロディー・メーカー誌1963年3月2日付けのシングル・トップ50で1位[21](ミュージック・ウィーク誌は最高位2位[22])を獲得。この曲のヒットにより英国で一躍人気グループになり、4月11日にリリースされた3曲目のシングル「フロム・ミー・トゥ・ユー」ではミュージック・ウィーク誌で1963年5月2日付けから6月19日付けまで7週連続1位となる[23]。このフロム・ミー・トゥ・ユー以降は「シー・ラヴズ・ユー(8月23日発売/1位6週)」、「抱きしめたい(11月29日発売/1位5週)」とリリースするシングルが連続して1位を獲得した[24]。

一方、アルバムは同月26日、英国でのデビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』がリリースされ、5月11日付けでチャート1位となり、それから30週間連続1位を続けた[6]。また、この記録が更新中だった同年11月22日、セカンド・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』が発表になり、12月7日に『プリーズ・プリーズ・ミー』と入れ替わる形でチャート1位を獲得、そのまま翌年の4月まで21週間連続1位となる[6]。ビートルズはこの2枚のアルバムで51週間、ほぼ1年に渡りイギリスのアルバムチャートの1位を占有していた。

10月13日、当時の人気テレビ番組「サンデイ・ナイト・アット・ザ・ロンドン・パラディアム(Sunday Night at the London Palladium)」に出演。およそ1500万人[21]がビートルズの演奏を視聴した。メンバーの発言[25]によれば、これによってビートルズはイギリスでの人気を決定的なものとし、さらに11月4日にはロンドンのプリンス・オブ・ウェールズ・シアターで開催されたロイヤル・コマンド・パフォーマンス(王室御前コンサート)に出演している(このステージでの最後の曲「ツイスト・アンド・シャウト」の直前にジョン・レノンが「安い席の人は拍手を、それ以外の人は宝石をジャラジャラ鳴らしてください」と観客に言った)。

しかしブライアン・エプスタインらマネージメント関係者の努力にもかかわらず、アメリカでは全くヒットしなかった。新曲が出来るたびに、ジョージ・マーティンはアメリカ合衆国側でEMIのレコードをリリースしていたキャピトル・レコードにアメリカでのリリースを要請した[26]が、キャピトルはこれを拒否。その為ヴィージェイ・レコードやスワン(Swan Records)などと契約してレコードをリリースしたが「レコード会社が小さかった事もあって全然売れなかった(ポールの発言[27])」。その後「ライフ誌」や「ニューズウィーク誌」がビートルズを記事にし、ラジオのディスク・ジョッキーがビートルズのレコードをかけ始めると、ビートルズはアメリカでも次第に知られる様になり、キャピトルの方からリリースのオファーがなされる事となった[28]。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -