時代

[1]ジョンは、子供のころから吃音を克服しようと努力してきたが、メルパラそれは叶わず、彼はコミュニケーションの手段を言葉以外に探さなければならなかった。

14歳の頃からジャズに慣れ親しみ、ジョン・コルトレーン、チャーリー・パーカーから音楽的影響を受け、彼はピアノを弾き始めた。ジョンはピアノをコミュニケーションの手段として用いたのである。当初は南カルフォニア周辺のジャズクラブでピアノの演奏をするジャズピアニストとして活動していた。

彼は後に雑誌のインタビューで「あの頃は、殆ど誰とも話せなかった。そんな僕にコミュニケーションの手段を与えてくれたのはピアノだった。それで僕はホテルやカフェのジャズ・バンドでピアノを弾いていたんだ。でも僕は、しゃべることが怖かったのでピアノの後ろに隠れるように演奏していた。僕が口を開けたらきっと変に思われるだろうと考えていた。すごく恥ずかしくて内気だった。」 と当時を回想している。

しかし、その後自身の吃音が曲を盛り上げるのに素晴らしい効果を発揮している事に気付くことになる。1984年の初頭、彼は「意味の無い言葉ならどもっても問題が無いのではないか」と考えスキャットを取り入れた歌唱法を演奏に盛り込むようになった。その歌唱法は拍手喝采を受け、これが後の自信に繋がり、後に「スキャットすることで吃音から自由になれたんだ。」と彼は語っている。

前記の友人ジョー・フェラルやアル・ジャロウ、リッキー・リー・ジョーンズなどのアーティストと競演した経験を持つ。

メジャーデビュー

[3]しかし、折からの不況も手伝い、次第に貧しくなってしまったジョンは、妻ジュディを伴い1990年に仕事を求めてベルリンへ移住。そしてベルリンのホテルでエージェント、マンフィールド・ツェーリンガーと出会い、週1000ドルの仕事をすることになった。

その後、妻ジュディはホテルのロビーでスキャットソングが数曲入ったカセットテープを彼に渡した。彼は帰りの車中で、そのテープから流れてくる今までに無い斬新なサウンドに驚き、すぐに車中からジョンとジュディに電話をし、ある提案をする。それはジョンのスキャットをテクノあるいはヒップ・ホップと融合させてみてはどうか、というものだった。ジョン自身はその案に懐疑的であったが、同じアイデアを持ちかけられたBMGはこれを受理した。

しかしジョンは曲を聴いた人々に「単にどもっているだけ」と受け止められることを内心、非常に恐れていた。悩むジョンに対し妻ジュディは、「あなた自身の『そのこと』を、 曲の中で直接伝えればいいじゃない」と助言したのだった。

こうしてインゴ・カイズとトニー・カターニャのプロデュースにより、 デビューシングルScatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)の収録が始まった。レコーディングには6時間もの時間を費やした。

この曲は「吃音に悩む子供達が逆境を乗り越えるため、元気を与えよう」というものであった。当初、このシングルの勢いはさほどでもなかったが、徐々に売り上げを伸ばしはじめ、最終的には殆どの国のチャートでトップを飾り、世界中で約600万枚もの売り上げを記録するに至った。 そして数週間に渡って全英トップ10に留まり続け、彼の名は一躍有名となったのである。

日本での活躍

日本では1995年、『Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)』や『Su Su Su Superキレイ』(カネボウ化粧品のCMソング)の大ヒットでブレイク。日本国内でもアルバム売上が250万枚[4]のミリオンセラーを記録し、一躍時の人となった。

グリコ乳業のプッチンプリンとカネボウ化粧品のテレビCMにも出演。また、『Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)』は加藤茶が『加トちゃんのスキャットマン』、ウルトラマンが『スキャットウルトラマン』というタイトルでパロディしている。アメリカよりも日本での楽曲の売上が多かったことから、前述の『Scatman』のヒット以降はプロモーションのために毎年のように来日していた。

しかし、上記のことからも解るように当時の日本でのプロデュースは、彼の真摯な姿勢、深い歌詞などを真剣に広めようとしていたとは言い難い物であり、ありていに言えば「ネタキャラ」扱いだった。また『Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)』は前記の通り吃音の問題を歌っているのだが(歌詞にも吃音という単語が多く出る)、吃音の社会的な認知には繋がらなかった。

音楽活動以外では、吃音者団体との交流を深め、彼らを支援するためのスキャットマン基金を設立した。また1996年には世界の吃音者に関して著しい功績を与えたとして、アニー・グレン賞を受賞。日本の吃音者団体である全国言友会連絡協議会とも深い交流があり、1996年の「日本ゴールドディスク大賞」の賞金を同団体に寄付、さらに同団体の全国大会にビデオ出演なども行っていた。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -