振り付け師

52歳で歌手としてメジャーCDデビュー。

メジャーデビューアルバム『スキャットマンズ ワールド』は日本やヨーロッパ諸国など全世界で600万枚以上を売り上げ、メルパラ各国のチャートでNo.1を飾る。自身の障害である吃音症を逆手に取った、模倣が困難なスキャットと、1回に4つ近く音の調子を変えるという珍しい歌唱法(このテクニックは古いヒンドゥー教の喉で歌う物から取り入れた)を用い、唯一のジャンル『テクノスキャット』を開拓した。

吃音者としての経歴

[1] [2]彼は吃音から来るストレスをごまかすためアルコールやドラッグに溺れて行くようになる。しかし、1987年のある日、仲間のミュージシャンや友人のジョー・フェラルがドラッグにより死亡してしまう。これを期に彼はそれらから抜け出すことを決意し、再婚した妻、ジュディの助けもあり更生に成功する。後に彼は「自分がアルコールに依存していることを認めることによって、そこから回復出来た」と語っている。

しかし、これらを克服したことにより彼は吃音と向き合わざるを得なくなってしまう。

そこで彼は1991年頃から、アメリカの吃音者団体『NSP(National Stuttering Project )』のミーティングに参加するようになり、徐々に自身を吃音者と認めることが出来るようになったと語っている(なお、スキャットマンとしてデビューした後も、NSPの全国大会で演奏するなど、親睦は深かった模様)。だが、吃音が完全に直った訳では無く、デビュー当初の1995年にインタビューしたジャーナリストが「少なくとも6回か7回は語句を繰り返さないと、喋り終えることができなかった」と 語っている。

しかし、その後、コンサートのために世界を周った彼の言葉は以前よりも流暢になり、アルバムのプロモーションのためインタビューを受けた際、彼がどもることなく喋っていたのを聴いたある記者が、「経歴を装うため吃音者コミュニティーを利用しているのではないか」と疑いを向けたほどだったという。 このときジョンは初めて、どもることに対してではなく、流暢に喋ることを恥じている自分に気付きショックを受けたと語っている。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -