プロモーション

1969年の最初のアルバム『オファリング』に対するレヴューはあまり芳しいものではなく、カーペンターズのスタートは順調なものではなかったが、2人はバート・バカラックの前座として自分たちのプロモートに励んだ[53]。1974年のラスヴェガスのホテルリヴィエラにおけるコンサートのときに、メルパラリチャードはそのいきさつについて説明した。映画『ハロー・ドリー!』封切り後のベネフィット・ディナーの際にバカラックの方から彼らの元を訪れて、後日行われるバカラックのディナー・ショーの前座をやってみないかと誘ったのである。このときにバカラックは自分の曲をどれでもいいからメドレーにして歌ってみろとの要求を出した[54]。カーペンターズは2ヶ月をかけて8曲のメドレーをまとめ上げた[54]。このメドレーは全部で13分近くあったものを5分に短縮した上で1971年のアルバム『カーペンターズ』に収録された[54]。

カーペンターズはコンサート・ツアーやテレビ出演などの過密なスケジュールをこなしていった。彼らが出演したテレビ番組には『エド・サリヴァン・ショー』[55]やジョニー・カーソン司会の『ザ・トゥナイト・ショー』[56]、『キャロル・バーネット・ショー』( "The Carol Burnett Show" 、1971年および1972年)、『マイク・ダグラス・ショー』( "The Mike Douglas Show" 、1971年)[57]などがあり、『ジョニー・キャッシュ・ショー』( "The Johnny Cash Show" 、同じく1971年)では「ふたりの誓い」と「雨の日と月曜日は」を演奏した[58]。BBCのテレビ特番 ("Carpenters: Live at the BBC") では生演奏を披露している。彼らはまた夏の間だけのシリーズ番組 "Make Your Own Kind of Music" で主演を務め、アメリカでは毎週火曜日の午後8時にNBCで放送された。1980年のラジオでのインタビューでカレンとリチャードのいずれもが、1970年代初めのテレビとの関わりにおいて自分たちはつけ込まれ利用されていたこと、その後の作品を制作してゆく上での支配権を握られそうになっていたことなどを述べている[59]。

1973年5月には、時のアメリカ大統領リチャード・ニクソンと訪米中の西ドイツ首相ウィリー・ブラントからの招待を受け、ホワイトハウスで演奏することになった[12]。

カーペンターズは1971年から1975年にかけて数多くのコンサートを行っている。以下の表はリチャードが保存していた旅行記録に基づいたものである[60]。

着氷性
呼称
雲から落下
天気図
雨氷の予測
災害
表面
過去に起こった
快晴(かいせい)
一般的な概念
天候のこと
暖かい雨
ある地点での
特異な
アメリカ
カレン
1967年
涙の乗車券
グループ
メルパラ
国内チャート
バリス
以降
近年の活躍
プロモーション
延期
再評価
プレリュード
来歴
振り付け師
時代
アドレスを使用
稀代
デビュー
ハンブルグ
フランス公演
シングル
ジョージ
作曲
音楽的評価
メルパラ
事件
ローマ教皇庁
ブライアン
著作権
マイケル
マドンナ
メルパラ
略歴
低迷期
メモワール
社会活動
ブラジル
音楽性
関連項目
放送時間
男女混成
勝敗
内容
視聴率
演奏
少年倶楽部
観覧募集
コンクール形態
観覧方法
参加校数
解体前
中野サンプラザ
参照
格闘技会場
その他
一面
再結成
項目
主要記事
3億枚


↓TOP↓
メルパラ
- mono space -