メルパラ

1969年から実質的にポルトガル軍の司令官はアントニオ・アウグスト・ドス・サントス将軍からカウルザ・デ・アリアガ准将へ交替していたが、メルパラ正式な交替は1970年3月となった。カウルザ・デ・アリアガ准将は反乱勢力との戦闘においてより直接的な手法を好み、それまで用いられてきたポルトガルの通常兵力が前線に展開する際に少数の原住民を帯同させる戦術を廃止した。 新しい司令官による戦略のもとで原住民の役割は減少していたにも関わらず、1973年においてもなお空挺部隊のような特殊な作戦に関しては原住民の募集は継続していた。こうしたカウルザ・デ・アリアガ准将による戦略の一部はアメリカの陸軍参謀総長・ウィリアム・ウェストモーランドとの会談の影響から生まれている[2][28]。

1972年までには特にフレシャス(ポルトガル語: Frechas、「矢」の意)と呼ばれるアフリカ人部隊を使っていたフランシスコ・ダ・コスタ・ゴメス副司令官かが強い発言力を持っていた。フレシャスの部隊はアンゴラにおいても現在のポルトガル国家保安局(DGS,ポルトガル語: Direccao Geral de Seguranca)の前身である国防国際警察(PIDE,ポルトガル語: Policia Internacional e de Defesa do Estado)の指揮下で活動していた。部隊は地方の部族民によって指揮され、特に追跡・偵察・対テロ作戦に用いられた[41]。コスタ・ゴメスはアフリカ人兵士は人件費を低く抑え、かつ地域住民との関係をよりよく形成できると主張した。これはベトナム戦争でアメリカ軍が用いたハーツ・アンド・マインズ(英語: Hearts and Minds)と呼ばれる戦略に近いものだった。

これらのフレシャス部隊は1974年のカーネーション革命によってアリアガ准将が罷免される直前までモザンビークで活動を続けていた。これらの部隊は革命の結果ポルトガルが独立を認めた後内戦状態に至った際にもFRELIMOの活動の障害になり続けた[42]。

以下に示すものはモザンビーク紛争及びポルトガル植民地戦争全体で用いられた独特な特殊部隊である。


メルパラ
メルパラ
ASOBO
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
タダコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
コミュニティ
メルパラ
メルパラ
タダめーる
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
ピュアアイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
プレミアムクラブ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メル友倶楽部
メルパラ
メルパラ
メルパラ
モバコイ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ出会い
自由恋愛
メルパラ
メルパラ
出会い完全無料
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
同調
最初
増加
同時
終わり
獲得
ジョージア
発展
メルパラ即会い
ボストン港法
初期
王領
歴史
復活
参照
駐屯法
茶法
植民地議会
政治と政府
設立された
メルパラ
インディアン
ポカホンタス
ジェームズタウン
ベイコン
成立
メルパラ結婚


↓TOP↓
メルパラ

タダコイ
ただこい
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ
タダコイ(ただこい)
タダコイ
- mono space -